ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  物理  >  ファインマン物理学 第1巻 第5章 時間と距離 5-5 時間の単位と基準

時空 解 さんの日記

 
2021
9月 11
(土)
11:04
ファインマン物理学 第1巻 第5章 時間と距離 5-5 時間の単位と基準
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

今日のファインマン物理学は時間の単位と基準に付いてです。

読んでみると、この書籍が執筆された年代を感じさせますね。
でも、一通りは目を通してみました。ポイントをいつものように箇条書きにしてみました。

第5章 時間と距離 5-5 時間の単位と基準
・我々はみな一つの時計 - 地球 - を共有している。そしてこの地球の自転周期が、長い間、時間の基本として採用されてきたのである
・つい最近までは、地球の周期よりも、もっと一定であるというようなものは知られていなかったが、もっと恒久的な基本になりそうであり、しかも、それはあらゆる人の手の届くところにある自然現象にもとづくものである。これがいわゆる "原子時計" である
・原子時計の基本となる周期は原子の振動であって、それは温度その他の外界の状況によてはとんど変わらない
・この時計の精度は $ \displaystyle \frac{ 1 }{ 10^9 } $ あるいはそれ以上である
 

時間の単位として、今現在のものを挙げておきましょう。
現在でも「国際単位系」により、時間の単位は セシウム133 によっているようですが、将来的には下記のものが有望のようです。

光格子時計が時計の概念を変える

この製作者がこのほど「ブレイクスルー賞」を受賞しました。それを伝える記事を下記の示しておきます。
シリコンバレーのノーベル賞「ブレイクスルー賞」に香取秀俊氏と望月拓郎氏

では、今日はこんなところで…

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。

【今日の記事を評価して頂けましたら、下記をクリックしてね。Amazon サイトで関連書籍が見れます (アフィリエイトにご協力をお願いします) 】
   ♪ - クリックのみでも充分に嬉しいです - ♪
       ------------------------------    
閲覧(29)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク