ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  夢に向かって  >  「記述式演習帳」を自炊したいと思います

時空 解 さんの日記

 
2020
12月 16
(水)
09:42
「記述式演習帳」を自炊したいと思います
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

少し遅くなりましたが、書籍「実用数学技能検定 記述式演習帳 2級」を、今日の朝バッサリとやりました。


やっぱり書籍を裁断するのはちょっと嫌な気持ちがしますが、スキャナーでよみ取るにはこうするしかありません。

想えば「自炊」を行ったのが数年前…
そうだ!自炊をするんだった。

この3年間くらい、ほとんど上記の品物を使っていなかったのだからもったいないです。とくに裁断機はね。
書籍をバッサリと裁断することにためらいがあるとは言え、自炊をする道具を揃えた訳だから使わないとね。

ドキュメント・スキャナー     自炊用カッター

それと、書籍についても同じようなことが言えます。購入して、読まないのはもったいないです。読まなければ本棚の肥やし、極端に言えば、ただのゴミです。中身を読んで、それがゴミ同然の内容だと分かれば、サッサと処分した方が良いです。

内容がゴミかどうかは読んでみないと分かりません。でも良い内容の書籍は、バッサリと自炊する気持ちには成れないものですねぇ…。うーむ01

良い内容であればあるほど、大切に書籍として取っておきたい気にもなります。

なんか複雑な気分ですね。

でも、今回のように参考書系はバッサリと「自炊」してパソコン上で使えるようにした方が便利かな。

…でも… うーむ01

書籍がボロボロになるまで使い切ると言うのもまた味があります。なんだかんだ言って、どうも自炊することに抵抗がある私です。汗

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(8992)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2020/12/17 23:23  更新日時: 2020/12/17 23:23
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: 「記述式演習帳」を自炊したいと思います
こんばんは、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

いやはや、いろいろとコメントありがとうございます。結局は「継続すること」ですかね。

どんな姿を世に晒すかですが、私はやっぱり「実在の証明をするための実力」を少しでも身に付けている姿で晒されたいです。

でも、その実在の証明をするための実力って、数学検定1級の実力よりもずっと上でしょうし、的外れかも知れません。どこか宗教団体に入ったほうが早いのかも知れませんね。

ともかく夢に向かって頑張っているつもりです。
まぁユーチューバーとして有名になって収入を得られればそれに越したことはないんですけどね。でもかなり勉強量を増やさないと、数検はもちろん、動画づくりも前に進まないことを実感しているところです。

ブログは勉強を継続させる引き金にはなってくれています。
TV番組や雑誌の取材も有れば嬉しいですね。でも実在の証明が自分なりに出来れば、それが一番ですかね。それを発表できる日は来そうにありませんが…。もし発表してもが世に評価されるかバカにされるか…。

とにかく何も努力していなかった数年前よりは楽しい日々です。

動画は気ままに作りますね。(^^;

では、今回も書き込みありがとうございます。
 
ゲスト
投稿日時: 2020/12/17 13:48  更新日時: 2020/12/17 13:48
 RE: 「記述式演習帳」を自炊したいと思います
'
たしかに、「数検2級合格」のほうが優先ですね。

「私は恰好を付けて生きて来た人間ですけどね…見栄っ張りなんですよ…」

これは…「ユーチューバー」として「中堅」を目指すには厳しいですかね(汗)。

「数検3級合格への道」の動画を作った方も、きっと同じような性格なのでしょうね。

たぶん、3級受験は始めから「勝算」があり、「3級合格」の動画の構想が最初から自身の中でできていたのでしょうね。

きっと、その後「準2級」の検定も受けたのだと思います。

そして「不合格」という結果が出た時点で、「数学検定」を題材にした動画配信の構想を捨てたのでしょうね。

数学検定だけではなく、「数学」そのものを自らのカテゴリーから削除したと思われます。

ですが…。

ハッキリ言って、「他人の検定合格報告の動画」なんて誰も観たく無いですよ。ただの自己満足の自慢ですから…。

なかなか合格しないけど、諦めないで何度も挑戦し、もがき苦しんでいる姿こそ、多くの視聴者から共感が得られると思います。

「次も頑張って下さいっ!」といった応援的なコメントも、

「このまま不合格記録を更新して下さいね(笑)」という、冷やかし的なコメントもあるでしょう。

実はどちらコメント者も、本当は他人の検定の合否などは「どうでも良い事」なのです。自分の人生とは関係無い事ですからね。

この事を自覚して「自分の恥を晒す覚悟」を持っている方が、いわゆる「人気ユーチューバー」に成長するのだと思います。

「数検3級合格への道」の作者も、その後の「数検準2級受験経過」を投稿し続けていれば良かったと思います。

直ぐに合格するよりも、何度も不合格を繰り返したほうが視聴者が増えたでしょうね。そのほうが、視聴者にはオモシロイですから。

「私は恰好を付けて生きて来た人間ですけどね…見栄っ張りなんですよ…」

時空解さんが「何」に対し格好をつけ、「誰」に対して見えを張って来たのかは、私には分かりません。

ですが、「ユーチューバー」としてのキャラクターは、まだ何も定着しておりません。

これから、「数学検定1級取得までは、一生諦めないで挑戦する男」という「キャラ」で攻めてみるのもありでしょうね。

あまり表には出て来ないですが、私達のような社会人で「数学検定」に挑戦して、何度も不合格を味わっている人達が、実はたくさん存在すると思います。

そのような方々は、ブログやネット動画のようなSNS媒体には登場してこないのが普通です。

普通は「小学4年生で数検1級合格!!」といった、華々しい話題しか取り上げられませんからね。
https://chip-edu.com/suuken1/

時空解さんが、そのように潜在的に存在する「表舞台から遠い場所に居る数学検定挑戦者達」の、代表としての地位を築かれる事を期待しますね。

いつか、TV番組や雑誌などから「数学検定を累計100回以上受験した”数検おじさん”こと時空解さん」と、出演依頼や取材があったりして…。
時空 解
投稿日時: 2020/12/17 9:01  更新日時: 2020/12/17 9:01
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: 「記述式演習帳」を自炊したいと思います
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

まずは
・メルカリ
に付いてですが、裁断されてしまった書籍が売り買いされているんですね! Σ(O_O;) 
知らなかった…メルカリに付いては、いつか利用しようとは思っていたのですが、この機会に積極的に使ってみようと思っています。

それと、
・「私はこのよう解法でアプローチしたので、この出題が解けませんでした。」
と言う動画作成のご提案ですけど… うーむ… 確かにこの方向性の方が動画としては面白いでしょうね。
自らを晒すドキュメント記録…   …   …   、  …   …   (いろいろ妄想中…)

私は恰好を付けて生きて来た人間ですけどね…見栄っ張りなんですよ…

…覚悟が要りますねぇ…下手に中途半端にやると、ただ恥を晒すだけになりそうだし…

でも、検討します。

まぁとにかく数検2級の合格が最優先ですかね。( ^^;

いろいろと情報・ご提案ありがとうございます。頑張ってみますね。
ではでは
ゲスト
投稿日時: 2020/12/16 13:59  更新日時: 2020/12/16 13:59
 RE: 「記述式演習帳」を自炊したいと思います
'
こんにちは。

ご自分で自炊できるツールを所有しているなんて、本好きからは羨ましい環境ですね。


本のデータをデジタル化したら、裁断した本はネットに出品すればいいと思います。

「裁断」という手間が掛かっている分、そのままの本よりも高額で取引されているようです。

「自炊用裁断済み:メルカリ」
https://www.mercari.com/jp/search/?keyword=%E8%87%AA%E7%82%8A

今回の裁断は「数学検定」を題材した動画製作の準備でしょうか?

もしそうでしたら、ただの問題解説動画ではなく「数学検定への挑戦」といった、個人のドキュメント記録のような動画を希望します。

以前には「数学検定3級合格への道」という動画がありました。
https://youtu.be/8kgKl2pr8QY

この方は、数検3級に合格した後に準2級合格を目指したようですが、学習途中で力尽きたのか、その後の経過は分かりません。たぶん諦めたのでしょう。

ネットには「数検問題の解説動画」もたくさんあります。それらの殆どは教育関係者である「数学のプロ」が製作したものばかりです。

数学検定の「受験者の立場」で作られた動画は、ほとんどありません。

ですから、時空解さんが数検動画を製作されるのなら、

「私はこのよう解法でアプローチしたので、この出題が解けませんでした。」

「この出題は、数検要点整理に載っている問題とは、数値の設定が違うだけで同じ内容の問題でした」

「この定理・公式を完全に忘れていて解けませんでした」

などと、ご自身の「受験者」としての経験や見解を動画に反映させて下さい。

正直言いまして、数学の教育系動画も今や腐るほどあります。

「東大理系現役合格」やら「数検1級取得」などといった、輝かしい履歴を看板にした「ドヤ顔」系のユーチューバーの数学動画ばかりです。

そのようなかたの動画は、純粋に「数学の学習」としての価値があるのかもしれませんが、学校の授業と同じで私には「面白くは無い」です。

それよりも、同じ数学検定を受験している者としての、「生々しい体験や失敗・後悔」をドキュメント記録として扱って欲しいのです。

実際、我々のような教育関係者でも無く、輝かしい履歴なども持ち合わせていない者が作った「数学解説動画」など、一体誰が観るのでしょうか?

今から作るなら、「自らの体験を晒す」という「ドキュメント記録」しか残されていないのではないでしょうか?

「自らの体験をネタした動画」を製作するのなら、これから数学検定を受験された時は、合否はもちろん採点結果を動画に晒す事になってしまいます。

私も時空解さんも数検2級を10回以上も受験したのです。何度も不合格を経験した者にしか、決して作れない動画が在るはずです。

もし、そのように同じ経験をしている方が作った「数学検定への挑戦・2級2次11回目受験」などといった動画があったら、私ならぜひ過去の投稿も含めて観たいですね。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク