ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  書籍の感想  >  「時間とはなんだろう 松浦 壮 著」を読み始めて…

時空 解 さんの日記

 
2021
1月 4
(月)
08:17
「時間とはなんだろう 松浦 壮 著」を読み始めて…
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

この書籍を読み始めて、ちょうど「正直な感想」と言うところまで読み終えました。(まだまだ最初の数ページですが…(^^; )

ここまでのお話、時間に付いての書籍としてはとても共感できる内容でした。
私も同じように時間に付いて考えています。

「正直な感想」の中に下記の一文があるのですが…。

世界は「時間の流れ」の中にいて、ものの運動は時間の流れが作り出している と考えるのが当たり前になってしまっています。このほとんど確信に近い思い込みは一体どこから湧いてくるのでしょう?

松浦壮.時間とはなんだろう 最新物理学で探る「時」の正体(ブルーバックス) (Kindle の位置No.190-192). 講談社. Kindle 版. 

これに付いては多くに哲学者や物理学も確かに気が付いている点でしょう。この思い込みはかのニュートンの絶対時間・絶対空間と言う考えたから構築した力学が成功を収めたところにあるからですが、改めてこの点に注目して話を進めているのはとても良いと思います。

続くを読むのが楽しみですね。

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(37)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク