ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  夢に向かって  >  はやぶさ2プロジェクトの皆さんの努力

時空 解 さんの日記

 
2021
1月 5
(火)
08:57
はやぶさ2プロジェクトの皆さんの努力
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

1月3日の 9時47分配信のニュースをご覧になったでしょうか?
はやぶさ2の歴史的快挙 アクシデントも乗り越えた、徹底した計算と訓練

凄いですねぇ~。以下、ニュースの記事を挟みながら感想を書いてみます。

実際にリュウグウへ降下したり、着陸したりするには24時間以上かかるので、訓練も本番同様に24時間の3交代制でおこなわれた。ときには30時間以上かかることもあった。

「24時間の3交代制」と言われるだけでもゲッソリとする私ですが、まぁ宇宙の天体「リュウグウ」に関することですからね。実際に関われたとしたら自分も使命感をもってプロジェクトメンバーとして実行出来たかも知れません。でもその続きが大変そうです。

このような訓練を70回以上繰り返した。

ゲゲゲゲェーーーッ。これは大変だ! しかもリュウグウの実際の地形が明確になった後にも、同様の訓練を50回ほど行ったと書かれています。
これは狂気としか言えない気もします。まぁ天体の物質を採取すると言う狂気的な行為を実現した方達ですのでね。通常の感覚ですと狂気的でも良いのでしょうが、もう60才に成った私からみると、「若いなぁ…」プロジェクトチームの方達のことを感じてしまう限りです。
特に、降下時のタッチダウンに付いては

タッチダウンに向けた3000項目に及ぶはやぶさ2への指令を5時間かけてやり直し…

なんてサラッと書かれています。
でも3000項目ですよ、皆さん!

こんなに有ると始めから分っていて5時間でこれをやり直せるんですよ。これはもう超人的作業です。私は青チャート式数学、例題全問150程度を数年も掛けてまだ出来ていません…。(まぁ比較できる内容でもないかも知れませんが…)

しかも、はやぶさ2の地球帰還時のカプセル回収に付いては、タッチダウン時の狂気をさらに越えていますからね。驚きです。カプセルを目的地に着地させるための挑戦が半端ではありません。

「1回の計算で5000ケースを想定して、そのどれもが大丈夫か判定するのですが、その計算を少なくとも数百回はやっています。打ち上げ前からのものを入れると1万回は超えると思います」

ウソを付け!  ( ーー) . 。o O (きっと報道陣向けに、ウソを言っているに違いない…)
と、言う冗談を書くところだと判断するのは私だけでしょうか…?
本当はこんな感想は持っていませんけどね。

やっぱり最後の仕上げです、最後の回収で失敗したらすべてが水の泡ですからね。一番の狂気の見せ所なんですよね。

まぁあえて「狂気」と言う表現が使いたくなったこのニュースです。

のんびりと地球で帰還だけを待っていた私などは、プロジェクトチームの方達からみたら
「呑気でいいなぁ…」
とか、もしかしたら
「プロジェクトに参加できなくて可哀そうだなぁ…」
なんて想われるかも知れませんね。

正直、どんな形であれ参加したかった…。若い頃に勉強しておけば参加する人材に成れたのかなぁ…。うーむ01

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(31)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク