ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  夢に向かって  >  昨晩「博士ちゃん」を観ました…やっぱり凄い

時空 解 さんの日記

 
2021
1月 11
(月)
09:50
昨晩「博士ちゃん」を観ました…やっぱり凄い
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

最近、学習効率が悪いのは自分が息切れしてしまうせいんなだと痛感しています。
チャート式数学の例題とか数検の問題とかを2問解くと、なんだかそこで息切れを感じるんです。

これは、例えばマラソンの練習をする時に
「今日は走り出してから疲れたところで止めよう」的な学習の仕方だと痛感しています。

疲れたら止める…これでは全く体力が伸びません。これは練習と言うよりは、まったく運動をしていなかった大人がリハビリ的な体を動かす程度のウォームアップに過ぎません。

数学の学習を毎日実行できるように成っていることは良いことなのですが、それが「1日2問解く程度」で留まってしまっています。

自問自答してみると、「1日に5問も10問も解いても記憶に残るのかなぁ…?」と言う気持ちがまずはよぎります…もちろん平日では5問、10問と解いてみる時間は取れないことも事実ですが、今日のような会社がお休みの日などはできるはずなんです。うーむ01

でも5問、10問と問題を解く気力が続かない。
「ただ個数をこなすだけで、気持ちが入っていなければ身に付かないだろうし…止めとおこう…」
と、こんな感じです。

今はこんな状態なんですが、果たして子供の頃、自分はどう数学と向き合っていたんでしょうかね?

昨晩、博士ちゃんを観ながら中学生だった頃の自分を想い出していました。
「明日学校に行ったら、この数学の宿題が解けたことを授業中に知らしめるんだ」
と言う気持ちに満ちていました。
数学の宿題は10問、20問ある時もありました。
それを「授業中に友人たちに知らしめたい」ために、息切れなんて気にもせずに問題に取組んでいたものです。

でも、こんな程度だったんですよね。

でも博士ちゃんたちのレベルは、到底こんなものではありません。
昨晩、録画してあった「サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん」に出演していた博士ちゃん (栗原響大 君 :くりはらひびき(11歳)、大塚蓮 君 :おおつかれん(12歳)) は2人とも尋常ではありませんね。学校の授業を越えて、日々の生活そのものが学習する日々ですからね。(^^;

自分などとは比較になりません。

でもね。そんな超人的な博士ちゃんのことを、専門家の先生方はこんな風に言っていたんですよ。

・キリン博士さん (郡司芽久(ぐんじ・めぐ)さん) のTwitter より

私の記憶が確かなら、私と川田さんの「知ってることを話したいって子のがいいと思う」「俺も昔そうだったよ」という会話は、#博士ちゃん がクイズのフリを撮影している待ち時間の素の会話だったはず。なので博士ちゃんは当日は聞いていない会話。逃さなかった撮影班すごい。


番組の撮影班さんに付いての書き込みですが、子供と言うのは謙虚なよりは気持ちをストレートに外の出せる方が良いと言うことを言っています。

自分も中学の頃の自分の態度を恥じることなく、少なからず本当に数学が好きだったんだなぁと想えた瞬間でした。

大人になったら言い方とか、周りの空気も読みながら発言できるように成った方が良い事は確かですよね。でも子どもはそんなことは気にせずに、好きなことを満喫すれば良いと、私も思います。

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。
閲覧(66)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/1/12 7:29  更新日時: 2021/1/12 7:29
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2028
 RE: 昨晩「博士ちゃん」を観ました…やっぱり凄い
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

まずは数学の解法に付いて、私はこう解いた、解答はこうだった…と言う点がブログのネタになるだろうと言う事には気が付きませんでした。
そう言われれば、なるほど、良いかも知れません。

とある有名大学に合格された方が使っていた、いわゆる中古の参考書が高い値で売れると言うことを聞いたことがあります。これは、その参考書に書き込みがしてあるからなんだそうです。書き込みがあるほど高値になるとか…。それって、参考書本来の解答が分かり難いところに、合格された方のフォロー、追記等があって、より分かり易い参考書になっているからなんですってね。

まぁ私の解いた方法が参考になるか? はともかく、例えばニュートンがフェルマーの最終定理について考察したノートなどが残っていたとしたら、とっても観たいですよね。(@@

まぁ観ても、私は理解出来ずにただ眺めて終わりでしょうけどね _| ̄|○
アンドリュー・ワイルズが観るのとでは大違い。比較するのもおこがましいかな?

学生の頃に本当に理数の勉強をしていれば、今をもっと楽しめたのになぁと想う次第です。ともかく私の実力・実績次第で、私の解法にも価値が出てくるんでしょうけどね。
そうなるように頑張りたいと思っています。

学生時代の私は、極端に言えば理解できること、ピンと来たことなら周りを気にせず直ぐに口にしていました。それに興味のないことには知らん顔を決め込んでいましたからね。
息切れを感じると言うのは、興味を持てることがだんだんと無くなって来たと言うことなんでしょう。「自慢できるピンと来た事」が無くなっている、と言うことです。勉強すると、自分独自のものだと思っていた考え (新規性) も、すでに先人が思い付いて考え抜いたものが殆どだと分って来る、と言うことになるんでしょうね。

ま、とにかく自分はフェルマーやニュートンと違って普通の人です。  …当たり前か…   こんなこと、一般には受験勉強を一生懸命やって自覚することですかね。私は遅すぎたのかも知れません。ここで普通の人は現実と向きかって将来のことを考えられるものです。

勉強しなかった自分だから迷走しちゃったのかもね。

コメントありがとうございます。また勉強になりました。
ではでは
ゲスト
投稿日時: 2021/1/11 17:34  更新日時: 2021/1/11 17:34
 RE: 昨晩「博士ちゃん」を観ました…やっぱり凄い
'
こんにちは。

「明日学校に行ったら、この数学の宿題が解けたことを授業中に知らしめるんだ」

この気持をそのままブログの記事に書けば良いのではないでしょうか?

先日の「記述式練習帳」の記事では、テキストの解法に疑問があったとありましたよね。
https://existence-scholar.com/modules/d3diary/index.php?page=detail&bid=1769&req_uid=1

疑問があった場合とは反対に、

「ほぼ、テキストの解答と同じような解法で解けました。」

という記事でも良いと思います。時空解さんの解き方と、テキストの解法を比較したりしてはどうでしょうか?

特に記述の部分の「差異」を比べるのは面白そうですよね。

「明日のブログで、この数学の出題がこんな風に解けた事を、記事にしてに知らしめるんだっ!」

と言った感覚でしょうか? 

私の感覚では、時空解さんが感じているのは「息切れ」という、疲労の類では無いと思います。

たぶんそれは、出題内容に対する「飽き」ではないでしょうか?

「…イヤイヤ。飽きるほど解いていないし、実際になかなか解法が思い浮かばないし…」

と感じるかもしれませんが、解けない問題でも解説を読めば、

「ああ…確かにそうだよね。そうそう、前にもコレに気が付かなかったな…」

と、とりあえず納得はできるはずです。

以前に何度も通った道なのに、いつも同じ場所で曲がり間違えるようなものです。

行動内容に新鮮さが無いので、脳が学習するのに必要な「刺激」が足りないのだと思います。

「荒療法」に聞こえるかもしれませんが、現在受験している数検2級の問題を1問解いたら、その後に「数検準1級」「数検1級」の問題に取り組んではどうでしょうか?

たしか、時空解さんは「数検準1級検定」も経験済みと記憶しております。

「2級が受からないのに、準1級や1級の問題なんて解けない…」

という反論があると思いますが、「学習へのマンネリ感・倦怠感」解消の為の行為ですから、解けなくても構いません。

目標として、将来は「数検1級取得」を目指しているのですから、そのための準備にもなりますしね。

このようなタイプの「荒療法」を、私は以前の勤め先で良く行いました。

基本的な仕事の段取りがなかなか覚えられない方に、故意に応用的な段取りをさせたりしました。

「…まだそんな難しい事とてもできません…」と尻込みする者に、

「分からない所は聞きに来れば良いから、とにかく取り掛かってくれ」と、ほとんど強制的に無理やり頼みます。

時間的な制約で最後まで完成しない事も多いのですが、その人は「何とかしないと…」という気持ちが働くようで頭をフル回転させます。

結果的にその事がキッカケで、その方の技術が急激に伸びる事も多かったのです。

その後に基本的な仕事をさせると、いつもできなかった事が出来てたり、いつものミスが減る事が多いですね。

周囲からは「何でできない奴に難しい事させるんだっ!」と、批判される事も多かったですし、「すぐ止めさせて他の者と交代だ」と叱られる事もありました。

人を育てる事が下手な勤め先でしたからね。

伸びた方の感想を聞くと、「いつも自分がやっている仕事は、何て簡単なのだろう感じました」という回答がほとんどです。

では、参考までに…。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
«前の月次の月»
12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク