ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  数学  >  昨日の私の間違った解答、どこが違うのか分かりました

時空 解 さんの日記

 
2021
2月 13
(土)
15:36
昨日の私の間違った解答、どこが違うのか分かりました
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。ブログの投稿が午後になってしまい、申し訳ありません。

今日は朝から左肩に激痛が走っていて、キーボードを叩くことが出来ませんでした。ううっ
四十肩と言うんですかね?  …いやいや、私はもう60才ですからね。
それにしても寝る時には何とも無かった左肩ですが、夜中に痛みで目が覚めるほどです。…痛い! ううっ
きっと寝相が悪くて、左肩への血液循環が悪くてなっていたんでしょう。痺れを通り越して傷んだと思えます。
これでは自動車のハンドルを握るのもままならない…うーむ、困った。

それで思い切って、ランチに出掛ける直前に激痛を耐え、ぐるぐると腕を回してやったんです。
そしたら…

良かった、少し楽になりました。…やれやれ。午後になってやっとこさっとこキーボードも打てるようになった次第です。

今はホッとしております。


さて、今日は昨日の問題に付いて、再び書いてみます。
私の考え方、どこが間違えているのか分かりましたでしょうか?

じつは簡単な勘違いをしていただったんです…。m( _ _;)m
ここで今一度、問題と私の考えを下に示しておきます。

問題と私の考え
十角形に対角線を引くとき、ぜんぶで何本引けますか?

典型的な問題と言う印象だったんですが、これを間違えてしまいました。10個の頂点があって、1つの頂点からは8本の対角線が引けますよね?
ですから10 x 8。
それと2つの頂点で1本の対角線ですから2で割ると考えました。
つまりは下記の数式

$ \displaystyle \frac{ 10 \cdot 8 }{ 2 } = 40 $

答は40と答を出した私ですが、これって「8本の対角線が引ける」と言うところが間違えていますよね。

考えてみれば1つの頂点から引ける対角線の数は7本です!
自分自身に対角線を引く事はできないですよね…ここに私は気が付いていませんでした。すみません。
 
両隣の頂点2つと、自分自身の頂点に1つ。
ですから $ 10 - 3 $ で、一つの頂点から引ける対角線は7本。
それと対角線は2つの頂点で1本を造りますから、計算式としては

$ \displaystyle \frac{ 10 \cdot 7 }{ 2 } = 35 $

ですね。

昨日のブログで「どうして間違っているのか説明するのがちょっと面倒です」と書きましたが、シンプルな勘違いでした。たいへん失礼いたしました。

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。
閲覧(75)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク