ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  数学検定  >  ベクトルで出てくる「1次独立」。青チャート式数学Aによる解説…数学的表現に慣れてないとチンプンカンプン

時空 解 さんの日記

 
2021
2月 23
(火)
09:29
ベクトルで出てくる「1次独立」。青チャート式数学Aによる解説…数学的表現に慣れてないとチンプンカンプン
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

今日もベクトルの学習を行っていました。そこで出て来たのが「1次独立」と言う単語。
この単語は、例えば「実用数学技能検定要点整理2級」ではこんなふうに使われています。

$ \vec{ a } $ と $ \vec{ b } $ は1次独立だから、(1) 式と (2) 式の係数を比較して、…


数日前までは「1次独立」って何? と疑問に思った私です。
高校時代の数学の授業で聞いた覚えがないものですからね。教えて貰ってはいるのでしょうけどね。うーむ01

調べてみたら、青チャート式数学のAに載っているこの「1次独立」の解説はとても分かり難いものでした。(下右画像 参照)

見ただけで

「こりゃあ分らん!」

とサジを投げたくなるような印象です。
こんな説明を高校時代にして貰っていたとしたら、そりゃあ記憶に残らないですよね。

でもね。

下記のサイトを観て…
ベクトルの一次独立とは?驚くほど理解できるアニメーション解説

「まとめ」の直前に出てくる締めくくり的な文章にホッとさせられました。
抜粋してみましょう。

結局この定義は、「ベクトルの一次独立とはいずれのベクトルも平行していない状態である」ということを数学的に表しているだけであって、難しく考えこむようなものではありません。


ようするに数学的な表記に慣れていないので難しく感じてしまうと言うことですね。

「実用数学技能検定要点整理2級」の「1次独立」の解説は、必要なところ (受検に?) だけを分かり易くまとめてある感じです。


これで数学検定の記述式答案には「1次独立なので…」と言う単語を利用して、直ぐに解答が出来ますよね。
後は、余力があれば数学的な表記にも慣れて行けばそれで良し! と言うことです…。余力が有ればね。( ^^;

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(66)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/2/24 10:29  更新日時: 2021/2/24 10:29
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2084
 RE: ベクトルで出てくる「1次独立」。青チャート式数学Aによる解説…数学的表現に慣れてないとチンプンカンプン
おはようございます、安藤商会さん。今日もコメントありがとうございます。

いろいろとあって、再度数学検定を受検されるようですね。なにはともあれ、一緒に「数学を日々楽しむ」仲間がいるようで嬉しいですね。

いつの間にか「準1級」のテキストがあると言うのも面白いですよね。
それに、受検のことはあまり口外しないとのこと…これに付いても良いと思いますよ。

安藤商会さんならば自分のペースでちゃんと数学の学習を進められると思います。「数検に合格する」と言う目的があれば、何も無い状況よりも頑張れるし楽しいことも、もう理解されていますよね。

数検とか理数関係に関することが想いついした、遠慮なくここの書き込んで下さいね。

では、またのコメントを楽しみにしております。

ちょっと今日はこれから直ぐにランチ & 買い物に出掛けますし、床屋にもゆく予定が入っていますので、ブログの投稿は夕方にでも…

ではでは。
安藤商会
投稿日時: 2021/2/23 15:01  更新日時: 2021/2/23 15:01
新米
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 13
 RE: ベクトルで出てくる「1次独立」。青チャート式数学Aによる解説…数学的表現に慣れてないとチンプンカンプン
こんにちは。

数検個人検定へ向けて、順調に学習が進んでいるみたいですね。

次こそは「2級2次検定」に合格しそうですね。

昨日のブログ記事で、「図形の定理」が取り上げられていましたので、いつもの調子で「ベクトル」から「図形」へ学習の軌道がそれてしまうのでは(汗)と心配していましたが…。

大丈夫のようですね。ちゃんと「ベクトル」に戻れていますね(笑)

本日の記事の中で紹介されていた「アニメーション解説」。私も後から観てみようと思います。

さて、先月に一度こちらから退会させてもらった私ですが、現在また、このようにコメントを書かせていただいております。

実は…退会した数日後、数検関係の物を処分しようとしていると、「とんでもない物」が見つかりました。

テキスト「実用数定技能検定 要点整理準1級」

…!!…??

「何故でこんなものが…部屋に在るんだ…?」

購入した記憶はありませんが、もちろん私以外の者が購入するワケありません。

よく思い出してみると、確か一昨年前(2019年夏) 数検2級を再び受験した帰りに、書店に寄った記憶が蘇りました。

例の「京都アニメ放火事件」が起こる少し前です。

約2年振りに受けた検定で、思いのほか「合格の手応え」を感じた私は、検定当日の帰りに次の級のテキストを購入してしまったのでしょう…たぶん。

その頃は、まだ毎晩飲酒をしていましたので、テキスト購入の記憶は残っていません(汗)

実際の2級合格は、その日から約1年以上経った秋です。準1級のテキストは一度も開かれる事も無く、本棚で眠っておりました。

自分の中では、「数検」はすでに終わった事ですし、周囲にも「もぅ懲り懲り。二度と受けたくない。」と公言しておりました。

ですから、そのテキストも必要の無い物なのですが、一度も読んでない本を処分するというのにも抵抗がありました。

「とりあえず、一回最後まで目を通してから他の数検本と一緒に処分しよう」

そう思って本を開いてみると、目次には見覚えある単元ばかりが並んでいました。

「数列」「指数・対数・三角関数」「ベクトル」「微分積分」…。

「アレレ…。これって2級で学習した事じゃないか…」

本の中身に目を通してみると、確かに内容は2級よりも確実に複雑になっているようです。

ですが、準2級から2級に上がった時に感じた、「急に難しい事ばかり増える…これが自分に理解できるのか?」という「絶望感」は、今回は受けませんでしたね。

「…もしかしたら…2級で学んだ知識が残っている今のうちなら…準1級の1次検定なら合格できるのかも…」

そんな気持ちが芽生え始めた時に、数学検定のホームページを久しぶりに開いてみて「免除期限廃止」を知りました。

『2020年12月25日更新 数学検定の免除申請の割り引き適用期限の取りやめについて』
https://www.su-gaku.net/suken/information/20201225-31547/

「コロナ渦での特別処置」のようですが、どちらにしても受験者には「ありがたい改定」に代わりはありません(ちなみに検定料金の改定「値下げ」は無いようです)。

この事が私の心にとても大きな影響を与え、再び「数学検定」を受験しようと思いました。

先日、次回(4月11日)の個人検定に申し込みました。本当は1次検定のみ受けたいのですが、それはできないので2次も受けます。

当面の目標は「準1級1次検定合格」です。2次検定は仕方なく受けますが合格は捨て、検定問題を持ち帰る事を目的にします。

1次検定に合格できるまでは、2次検定用の学習は控えるつもりですし、試験費用の事もありますから、可能な限り「提携会場検定」を利用するつもりです。

これも、「免除申請無期限」だから可能な受験戦略ですよね。従来なら、次年度中で免除は失効しましたので「片方ずつ合格する」なんて悠長な受験はできませんでしたから。

今は「確定申告」の時期でもありますので、今度の検定当日まであまり時間がありません。

「数列や微分積分」は、2級での学習が下地になりそうですが、準1級で新しく登場する単元「行列」「複素数平面」は、新たに数学概念の構築が必要になりますよね。

まずは、そちらから学習を始めて行こうと思っています。

ちなみに、今回の数検「再々受験」に関しては、周囲にはなるべく公言しないつもりでいます。

「数検準1級」に合格するには、かなりの期間と費用が掛かるでしょうし、今度こそ「挫折」しそうな気もします。

そして、何よりも…、

「えぇ~っ? またヤルんかよぉ~っ! 懲りねぇ奴だなぁ、お前は…」

と、皆に言われるのが分かっていますしね(笑)

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク