ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  夢に向かって  >  未だに終わらない歯の治療、手術に近い感覚

時空 解 さんの日記

 
2021
4月 17
(土)
10:19
未だに終わらない歯の治療、手術に近い感覚
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

私の行きつけの歯医者さんは優秀で、ちょっとした虫歯の治療ならば1回で終わらせてくれます。まぁ銀歯を被せるほどの治療となると、一度は型を取らないと被せる銀歯が造れませんのでね、一度の治療では終了しませんが、それでも2回で終わられてくれるのが大抵なんです。

ところが、今回の私の治療。既に4回も治療を受けて来ました。
それでも終了していません。うーむ01

21日(水) に第5回目の治療が予約してあります。

いやぁ~本当に治療に踏み切って良かったです。歯の神経を抜いた空洞の部分に雑菌が侵入して、それが原因で歯茎が炎症を起こしていたんですけどね。
でも雑菌でやられていたのは、歯茎だけではないんですよ。にっ

左肩から首筋に掛けての痛みも本当に解消しました!
歯の治療を受けた直後に、この痛みが緩和してきましたのでね。今ではほぼ完治!

まさかとは思っていたのですが本当に空洞に侵入した雑菌のせいで、肩こり、首の痛み。更に左後頭部の痛みの原因でもあったんです。(言い切れます)

おまけに左目が時としてぼやける時もあったんですが、今日はそれもスッキリ。
この左目が右目に比べるとちょっとぼやける症状は高校の時からあったんですが、それも解消する兆しを感じます。

これらは私に取って、とてもラッキーです。

想い起せば雑菌が侵入していたであろう左上の奥歯、これを治療したのは高校に進学する直前だと推測できます。高校に進学して以降、実に今までずっと、この歯が時として傷んだんです。
でもそんな時に歯医者に行っても
「神経は取ってある歯ですからね。痛いはずはありません」
と言われ続けていたのです。

確かに暫くすると痛みは治まっていました。
でも、それは雑菌に対して体の抵抗力が勝っていたからですよね。この歳になってその抵抗力が少し低下してきたんでしょう。歯槽膿漏の予感がするほどに痛くなったんです。

近所の行きつけの歯医者さんが優秀で良かったです。その歯医者さん曰く
「この治療は大変ですよ」
と言っていたんですが、何が大変かと言うと、つまりは作業が一番し難い場所なんだそうです。左上の一番奥歯ですからね。
私も口を大きく長く開けているのが大変。歯医者さんも作業が大変だと言うのが事実。手間が掛かると言う事ですね。

治療を始める時に
「簡易的に、抗生物質などで炎症を抑える治療のやり方もありますが…」
と提案されたほどでした。

なにはともあれ、根本的な治療をして貰って感謝するばかりです。
夜もなんだかグッスリ眠れる感じがするし、昼間の睡魔も穏やかになってきた気がします。

これで頭も良くなると良いんですけどね。( ^.^)
 (ちょっぴり、本気で期待している私です)

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。
閲覧(142)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク