ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  物理  >  高校時代に着想した「テクロ理論」について その2

時空 解 さんの日記

 
2021
7月 9
(金)
09:12
高校時代に着想した「テクロ理論」について その2
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

今日は昨日の続きです。
怖れながら「テクロ理論」について少しの解説を付け足して行きたいと思います。

最近「テクロ理論」的な考え方を示唆するような情報を3つほど得ました。そのうちの1つ目は昨日ご紹介致しました。
今日は残り2つの情報をご紹介したいと思います。

量子コンピューターの歴史について学んでいた時のこと、とある物理学者こんなことを言っていることを知りました。

・「すべては素粒子であると思い、次の時期にはすべては場であると考え、そして今、私は、すべては情報である、という新しい見方にこだわっている」

「すべては素粒子であると思う」と言うのは文字通り素粒子論のこと。物質を最小単位の組み合わとして考えることなんでしょう。
次の「すべては場である」と言うのは、いわゆる場の量子論的な考え方のことでしょう。
そして最後の「すべては情報である」と言うところです。

とある物理学者は研究を続けるうちに、最終的に物質は情報と深い関係にあり、それが全てだと考えるようになったと言っているのです。

おおーっ!と思いましたね。こんにちは
これが2つ目の情報なんですが、何と言っても「情報がエネルギーを持つ」と、有名な物理学者が考えているのだと感じてしまったんです。

そして
「情報がエネルギーを持つならば "テロ" の持つ位置情報もエネルギーになるのでは…?」
なんて考えて、少し興奮した次第なんです。

まぁつかの間でしたけどね。

「すべては情報である」と言ったこの物理学者が気になったので調べてみると、ジョン・ホイーラーでした。( ^^;
「どこかで見た名前だなぁ」と想たのですが、当たり前でした。昨日書いた一つ目の情報、ホイーラー・ドウィット方程式の生みの親ですから。

とにかく「すべては情報である」と言葉にはかなりの興味を惹かれたのですが、今のところこの意味は
「情報をエネルギーに変換できる」
と言うニュアンスのようです。

このことは別の情報からも示唆があります。これが3つ目の情報でもあります。「マックスウェルの悪魔」に関する情報で、このパラドックスに最近決着がついたことです。

このことに触れているブログ記事を下記に示します。
1年ほど前に投稿したブログです。

マクスウェルの悪魔…昔はパラドックスとして紹介されていたことが今では解明されているんですね

このパラドックスが解明されてから、情報熱力学と言う分野も立ち上がって、今も盛んに研究がされているようすです。
プラスチックビーズの実験と言うものが 2010年の行われていて、情報をエネルギーに変換できることが示されています。下記のその実験についてかかれているサイトを示します。

マックスウェルの悪魔の実現

そんなこんなで、高校の時に得た着想から40年…持論「テクロ理論」を後押ししてくれそうな考え方にポツポツと出会うようになった今日この頃です。
高校時代には無かった「情報熱力学」を学習するのも良いですね。にっ

でもこれに付いてはまだ良い書籍が揃っていない状況です。新しい分野ですからね。

ファインマン物理学の通読をしながら情報熱力学にもアンテナをはって、40年前には実施出来なかった学習を始めたいと思っています。

ところで…

読み返してみると肝心の
「テクロ理論とはこうこう、こう言う理論だ!」
と言っているところがありませんね。

m( _ _;)m すみません。

自分でこうして書いてみて、こんな状態なんだなぁと実感しているところです。ただの着想の段階ですね。
でも、これからは数学の学習と平行して物理学の学習も具体的に進めたいと思っています。

以後「テクロ理論」と言う単語をブログで使う時がありますので、その時には

「無区別状態を前提に、エネルギーゼロのテロとクロをつかってエネルギー (物質) を表そうとする理論」

と、とりあえず思ってください。
これが現時点での「テクロ理論」です。こんな状態から「ファインマン物理学」を皮切りに、少しづつでも進化させたいと思う次第です。

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。

【今日の記事を評価して頂けましたら、下記をクリックしてね。Amazon サイトで関連書籍が見れます (アフィリエイトにご協力をお願いします) 】
   ♪ - クリックのみでも充分に嬉しいです - ♪
       ------------------------------    
閲覧(40)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/7/10 9:45  更新日時: 2021/7/10 9:45
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: 高校時代に着想した「テクロ理論」について その2
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

私のこの記事に対して、いろいろとご自身で学習をされたようすで、誠に遺憾であります。ありがとうございます。
テクロ理論に対して反応を頂けるのはとても嬉しいことです。

玄理論と言うの直接しりませんでした。
ちょっと調べてみたところ超玄理論と (私が高校生の頃は 超ひも理論と呼ばれていたと思います) 考え方は同じ物のようですね。
私が「テクロ理論」と称して解決したい問題となるほど雰囲気がにていると思われます。

個人的に考える、似ていると思うポイントをちょっと例えで示してみましょう。

少し前に合同式のところで $ a \equiv 1 $ あるならば $ a^n \equiv 1 $ ( $ a $ は自然数、$ n $ は整数 ) が成立することを私が考察していたのは覚えておられますね?
この問題を少し別の角度から考えてみます。

どうして $ 1^n = 1 $ なの?

$ n $ がどんな数でも1になりますが、$ a^n = $ ? ( $ a $ は1より大きい任意の自然数) ならば1にはなりません。

どうして $ 1 $ の時だけ別物なんでしょうかね?

これについて考える時、まずは2乗なら平面図形を想い出して、頭のなかで一辺が1の正方形、2の正方形、3の正方形…とイメージしてみて下さい。
3乗に付いても同じようにイメージしてみてください。

さて、一辺が1の図形と1辺が1以上の図形、いったいどこが違うのでしょう? …同じですよね。

私はまだトポロジーの学習はしていませんが、トポロジー的には上記に違いはないと言っていいのかも知れません。もしかしたら同等と扱うところからトポロジーと言う分野を構築していますよね。

また、以前ここのブログで
「時空とは何なのか?」・・・アキレスと亀 の新解釈
で時間と距離を同等とみてしまう落とし穴に付いても書いてみました。

現代物理学は、ご存知のとおり人間の意識とか認識と深い関係があることを示唆しています。物理学は数学と違い、実験検証で確認するものですが、理論物理学となるとなかなかその検証方法が見いだせないのが現状でもあります。

理論体系を構築しても、検証しないといけないですよね。構築途中でも納得の行く形で説明できる理論体系ができるといいですよね。

今日はちゃんとしたお応えになっていないかも知れません、すみません。m( _ _;)m

ともかくコメントありがとうございます。( ^^).
 
安藤商会
投稿日時: 2021/7/9 22:17  更新日時: 2021/7/9 22:17
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: 高校時代に着想した「テクロ理論」について その2
'
夕方にコメントを投稿した後、自分には珍しく「物理系動画」を観てみました。

その中で「Φさん」という方の『時間は物理量ではない。』という動画を見つけたので、早速観てみました。

『#01時間は物理量ではない。』https://youtu.be/eoMdXf8Pbx0

意外にも物理門外漢の私にも、興味深く観ることができました。

この方は『弧理論(Ark Theory) 解説ブログ』というブログもやっているようなので、そちらの方にも訪れてみました。

「ビッグバン宇宙論は宇宙の起源とは何の関係もない」
https://www.arktheory.com/wp-ark/?p=70567

『弧理論』というものを私ははじめて知りましたが、時空解さんはすでに知っていたかもしれませんね。

『弧理論(Ark Theory) 解説』 https://www.arktheory.com/

「宇宙に中心は2つあるから境界に空間ができる。」

というのが「理論の軸(基底?)」となっているみたいですが、この「2つ」のいう部分は、時空解さんの「テクロ理論」と似ている気がします。

ひょっとしたら、『弧理論』と『テクロ理論』は、根底では同じ事を指しているのではないでしょうかね?

私自身が興味深いのは、有名な数学者「岡潔」の思想を物理学的な観点で捉えているところですね。

『数学者岡潔「 2つの心 」・・・頑としてわからぬ人たちが居る』
https://www.arktheory.com/wp-ark/?p=69352

『岡潔「自然数の1は決してわからない」と2つの心について』
https://youtu.be/X9parcuM4aw

『弧理論』は、「研究会」なるものも開かれているようですね。物理学に関心がある方には「弧理論」というのは、かなり有名なのでしょうか?

『弧理論 研究会(2021年6月5日)の参加者募集について』
https://www.arktheory.com/wp-ark/?p=70404

ちょっと面白そうなので、これから機会を見つけ、私も『弧理論』のブログや動画を観てみようと思います。
時空 解
投稿日時: 2021/7/9 19:59  更新日時: 2021/7/9 19:59
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: 高校時代に着想した「テクロ理論」について その2
こんばんは、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

安藤商会さんは本当に読者家さんでいらっしゃるんですね。( ^^;

私に取っては雲の上の人…と言った感じですかね。中学の頃は国語のテスト前になっても、テスト範囲の国語の教科書すら読まなかったほどです。

いま想い起すと完全な劣等生タイプ…理系科目で点が取れていたのが不思議なくらいです。

いまでもニュース記事も読む気に成れないわたしですからね。それにここのブログを読み返してみても、始めの方のブログはやっぱり読み難いものが多いです。

いやはや、「ファインマン物理学」だって、本当なら数日間で一通り目を通すくらいの気持ちが有ってもいいんですけどね。読んでいる途中で分からないところが出てくると調べたりしているうちにストップしてしまいます。

では、今日もいろいろな情報、ありがとうございます。
前向きに読んでみますね。
安藤商会
投稿日時: 2021/7/9 15:53  更新日時: 2021/7/9 15:53
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: 高校時代に着想した「テクロ理論」について その2
こんにちは。

『マックスウェルの悪魔の実現』

先程リンク先を読んで(見て?)みました。もちろん何も理解などできませんが…(汗)

「これらの理解のためには今一度基本からしっかり勉強するべきことが多々ありますので、もっと先まで知りたいと思った人は勉強してみて下さい。目を見張るような世界がこの先にありますから。」

と、最後にありましたが「基本からしっかり勉強」の「基本」とは、どのレベルなのかな?と思いました。

当然、小中学高の「理科」ではなく「高校物理」ですら「基本以前」なのかもしれませんね。

どちらにせよ「その道の専門家」以外の人間には、一生縁のない話だと感じました。

私が『科学』に関して過去に読んだ事があるのは『哲学的な何か、あと科学とか』ですね。
https://bookmeter.com/books/11597333

「試し読み」
https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/9/viewer.html?cid=3cf1de86-65f4-4bae-af3b-b608d7a71c3f&cty=0&adpcnt=7qM_t

数学版も読みました。

『哲学な何か、あと数学とか』https://bookmeter.com/books/12557090

「試し読み」
https://viewer-trial.bookwalker.jp/03/9/viewer.html?cid=7c6a5227-9154-422b-94cd-857eca11b4e0&cty=0&adpcnt=7qM_t

どちらも、たいへん面白かった記憶がありますね。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク