ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  夢に向かって  >  たまには休日を楽しむのも大切かな?

時空 解 さんの日記

 
2021
7月 22
(木)
10:23
たまには休日を楽しむのも大切かな?
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

今日は、朝から数学の学習で気持ちが一杯一杯でした。いやはや、数学の学習をしていると言っても、心のどこかで「楽に出来るように成りたい」と願っている自分がいます。

こりゃダメですよね。( X X;

楽に数学力を身に付けたいのと同時に、高等な解法、「エレガント」に数学の問題が解きたい。なんて言う欲と言うか、見栄もどこかに有って、そんな気持ちが結果的に、数学の学習スピードに影響しています。

学習にブレーキが掛かっている感じですね。

本当に無心に数学の問題を楽しんだり、気持ちの赴くままに答えを見たりした方がいい気がします。

答えをなるべく見ないようにして、自分の力で解く!

なーてん気取っているから一つの問題で足踏みしてしまうんです…私の場合これが多々あります。

5分ちゃんと考えて、解けなかったら直ぐに答えをみて、解答方法を学ぶ。…これが未だに出来てません。

ファインマン物理学が学生の頃から読めないのも同じような気持ちからかも知れません。

学習の仕方についてもこんなんだから、逆に考えてみて、果たして自分は休日に、自分を休めているだろうか? と思ったりします。

休む時は休む。楽しむ時は楽しむ。

楽しむこともちゃんと出来てない気がした、今日でした。

今日はいい天気です。
夏 真っ盛りですね。かき氷でも飲みに行こうと思ったりしています…。

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。

【今日の記事を評価して頂けましたら、下記をクリックしてね。Amazon サイトで関連書籍が見れます (アフィリエイトにご協力をお願いします) 】
   ♪ - クリックのみでも充分に嬉しいです - ♪
       ------------------------------    
 
閲覧(37)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/7/23 9:58  更新日時: 2021/7/23 9:58
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: たまには休日を楽しむのも大切かな?
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

いつも適切な情報をありがとうございます。

今の私の状態にピッタリの書籍があるんですね。( ^^;

安藤商会さんの読書量にはびっくりするほどです…私ときたら、購入してある書籍も満足に読み切らないことが多々あるほどで…

私は文章を「書く」方が読むよりも楽に出来るくらいなのですが、これはよく考えれば誰にでも当てはまることかも知れません。書く事に慣れれば、人の意見を読んで理解し、自分の物にすることよりもラクですよね。だってただ頭に浮かんでいることを文章にするだけです。考え方を正すとか、治すとかしなくていいわけですからね。

「本を数多く読め」と言われても、わたしも苦痛です。

では今日も良い情報ありがとうございます。
安藤商会
投稿日時: 2021/7/22 18:53  更新日時: 2021/7/22 18:53
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: たまには休日を楽しむのも大切かな?
'
こんにちは。

「今日は、朝から数学の学習で気持ちが一杯一杯でした。」

私が昨日投稿したコメントのせいでしょうね…(汗)

「まさか…」とは思いましたが、「もしや…」という感じもありました。

やはりそうでしたか…。『互除法』は実践した事が無かったのですね…。

となると『組立除法』などもそうかもしれませんね。

組立除法(数II)
https://youtu.be/VreXFDJk6Gw

ちなみに『エレファントな解法j』という言葉を最初に知ったのは、数学者 吉田武 著『処世の別解: -比較を拒み「自己新」を目指せ-』というエッセイの中ですね。

『処世の別解: -比較を拒み「自己新」を目指せ-』
https://ameblo.jp/moccyan0121/entry-12333831707.html

この本の中には『目から鱗が落ちる』的な、思わず「ハッ!」とする内容の事が多く書かれております。

『エレファントな解法』『数学暗記主義』『機械的計算』についても、著者は好意的に語っております。

逆に『エレガントな解法』や『数学的センス・閃き』について、世間一般の過度な「美化や称賛」については、苦言を書いていますね。

「あのような『数学は美しい』的な事を、数学にたずさわる人間が言えば言うほど、世間の『数学嫌い』は増えていく…」

たしかにそうですよね。

例えば『英語』にしても、苦手意識がある人間にいくら必要性を説いたところで、さらに嫌いになるだけでしょうから。

「これからの国際社会では『英語』ができない人間など経済的価値はゼロだ…」

などと言われれば、「もぅゼロでもいいや…」と、開き直ってしまいます。

『処世の別解』。それほどページ数が多い本ではありませんので、いつか読んでみる事を強くオススメします。

目次を記載しておきます。

目次 : 第1部 警句に疑問符を!
(「数学は積み重ね」と言われても/ 「センスが必要だ」と言われても/ 「レベルが問題だ」と言われても/ 「本を数多く読め」と言われても/ 「取捨選択せよ」と言われても ほか)/
第2部 幻想に終止符を!
(「改革」にまつわる幻想/ 「合理性」にまつわる幻想/ 「アメリカと語学教育」にまつわる幻想/ 「知識と暗記」にまつわる幻想/ 「虚と美」にまつわる幻想 ほか)

他に物理学の著書もありますね。

『吉田武のおすすめランキング』
https://booklog.jp/author/%E5%90%89%E7%94%B0%E6%AD%A6

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク