ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  物理  >  すみません、今日も思うようにファインマン物理学ができませんでした

時空 解 さんの日記

[2021-8] 
 
2021
8月 24
(火)
09:24
すみません、今日も思うようにファインマン物理学ができませんでした
本文
みなさん、こんにちは。時空 解です。

すみません、昨日が休日であったにも関わらず、ファインマン物理学の学習が進んでいません。ごめんなさい。m( _ _;)m

実は、「ファインマン物理学 問題集」を購入して、いま手元にあるんですよね。
第4章まで読み進めて、その内容に濃さに驚くと同時に、やっぱり問題にも手を付けて行く方が良いだろうと判断致しました。

でも、答えのない問題と言うのはなかなか取っつき難いものです。なので…

買いました 「ファインマン物理学 問題集」

うーむ…うーむ02

考えてみると凄いですよね。


ファインマン物理学自体が日本で出版されたのが1967年。その中に掲載されている問題集が2017年に出版されるのですから…

また宝の持ち腐れにならないように学習をしてゆきたいと思っています。

でも今日は時間が無くなってしまったので、この辺で… ( ^^; (足長バチのハチの巣のせいですよ) 

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(734)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/8/25 7:26  更新日時: 2021/8/25 7:26
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2581
 RE: すみません、今日も思うようにファインマン物理学ができませんでした
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

なるほど、またまた勉強になりました。
私もまだまだですね。( ^^;

やっぱり数学をやる者としては、
「 3^K 」 を 「 3・3^K-1 」と式変形すれば「初項=3、公比3の等比数列の一般項を求める式」
と考えて、計算をするほうがまっとうでしょう。

うーむ…勉強になりました。

自分なりの答え方を皆さんにお伝えして、それに対する感想・ご指摘、とても勉強になりますね。

それにサイン、コサイン、タンジェントの三角定規の角度。これも改めて押さえておくことにします。

いつもコメントありがとうございます。

では、数検まであと三日ですね。お互い頑張りましょう! 

ではでは
 
安藤商会
投稿日時: 2021/8/24 23:44  更新日時: 2021/8/24 23:44
長老
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 236
 RE: すみません、今日も思うようにファインマン物理学ができませんでした
'
こんにちは。

『ファインマン…』はそんなに古いのですかっ!?

1967年ですと、私はまだ生まれておりませんね(笑)

さて、先日(8月22日)のコメント投稿への返答を本日読みました。

少し気になる事があったので、この場に書かせてもらいます。

お互いに『数検』が今週末に迫っておりますからね…。

数列の問題3
「 Sn = n=1Σn 3^k 」とします。次の和を求めなさい。
「 n=1Σ6 Sn 」

『…まずこの問題のポイントは「シグマ計算の公式は使えない」と判断するところでしょう…』

とありましたが、「 3^K 」 を 「 3・3^K-1 」と式変形すれば「初項=3、公比3の等比数列の一般項を求める式」となり、級数を求めるシグマ計算の公式が使えます。

三角不等式の問題1
「 0 <θ< π 」のとき、次の不等式を満たすθの値の範囲を求めなさい。
「 √3 tan^2θ + (√3 - 1)tanθ - 1 < 0 」

『縦軸にtanθの値、横軸がθです。これが書けるか書けないか?ちゃんと分っているか?』

とありましたが、「 tanθ とは傾きの事」という基本事項に立ち返れば、「 -1 < x < 1/√3 」に該当するのは、「 (-1)=右下がり45度の傾斜、(1/√3)=右上がり30度の傾斜」という事になります。

変域が「 0 <θ< π 」のときなら、傾き(-1)=135度=θは(3π/4)、傾き(1/√3)=30度=θは(1π/6) なので、「 0 < θ < π/6 、3π/4 < θ < π 」。

tanθ=1は45度なので θ= (π/4) & (5π/4)、tanθ= -1は135度なので θ=(3π/4) &(7π/4)なのは直感的にすぐ出てきますが、この他にも有名角と言われる「30度 60度」絡みの値は「sin&cos」のみでなく「tan」も暗記しておいたほうが良いのでしょうね。

「 tanθ = 1/√3 は傾き30度の事だから、θ=(π/6)&(7π/6)だ。」

と、反射的に頭に浮かばなければ、要らぬ時間ばかり消費してしまいます。

実際の検定では、計算量の多い問題を電卓使用不可で60分で7問解かねばなりません。

よく出てくる値などは、ある程度暗記していないと時間的にも不利だと思います。

以前にも書きましたが、私は2桁の2乗の値は覚えています。「81^2=6561」とか…。

常用対数や平方根も「10」くらいまでは暗記していますし、三角関数の値も15度刻みで覚えています。

…ですが…。

tanθの値までは「 sinθ/cosθ 」で計算できるから覚えていませんでしたし、なによりもこの計算で算出された数値は「θの傾き」という基本的な事を「本当の意味」で分かっていませんでした。

「数検準1級」に合格するには、覚えなくてはいけない事や、深く理解しなければいけない事が、まだまだたくさんあります。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク