ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  夢に向かって  >  YouTubeチャンネルの登録者数が100人を越えました

時空 解 さんの日記

 
2021
8月 31
(火)
09:06
YouTubeチャンネルの登録者数が100人を越えました
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

今日もちょっと疲れています…うーむ、これは数検の疲れが出たかも知れませんね。
ファインマン物理学の整理はお休みします。m( _ _ )m 気持ちが入りません…ごめんなさい。

ところで、YouTubeチャンネル「50代から理数を学ぶ。」の登録者数が100人を超えました。
やっと、と言ったところですが fx-JP900 のコンテンツは45個しかないにもかからわず、よくぞ増えてた、と言う想いもあります。

もっとたくさん投稿しないとね。( ^^;
人気YouTubeチャンネルの方達の投稿スピードと言ったら、次々と…と言った感じですからね。

数学の学習スピードといい、YouTubeチャンネルのコンテンツの作成といい、そしてファインマン物理学の整理といい…

このスピードの鈍さが私の能力そのものを象徴しています。

勉強できる人・成功する人、と言うのは、勉強する作業が出来る人・成功するための作業を次々と行える人、だとつくづく感じる次第です。

私もなんとか近づきたいです…

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。

【今日の記事を評価して頂けましたら、下記をクリックしてね。Amazon サイトで関連書籍が見れます (アフィリエイトにご協力をお願いします) 】
   ♪ - クリックのみでも充分に嬉しいです - ♪
       ------------------------------    
閲覧(46)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/8/31 22:22  更新日時: 2021/8/31 22:22
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2455
 RE: YouTubeチャンネルの登録者数が100人を越えました
こんばんは、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

ははは、確かに「こんな間違いをした」と言う話はいいはなしですね。

中学の時に、実は私は直ぐに口を開く方で、数学の時間に限らず、どんな教科の授業でも率直に
「えっ! 今のところ分からん」
と、周りのことも考えずに声に出してしまう生徒でした。

でも中学生ともなると、実は女子の大半は、分からないことを知られるのが恥ずかしくて質問が出来なくなるのだそうです。
そんなことを担任の先生に教えて貰ったことがあります。それが中学一年の夏休み直前。親と一緒に行った面談で、通知表を貰った時のことです。

担任の先生が親に向かって誉め言葉を言ってくれたんです。
「時空 君の質問は、クラスのみんなにも役にたっているんですよ」
とね。

先生自身も自分の教え方について顧みたこともあったそうな…。まぁ実はこの事もあって、中学の頃は自分のことを
「鋭い質問が出来る男」
と、自惚れていたんです。( ^^;

ともかく、難しいところはみんな同じように難しいんですよね。それを共有することがお互いにいいんでしょう。

たぶん安藤商会さんがおっしゃりたい事も、これに近いと思います。当たらずも遠からずですかね?

    そう言えば想い出したのですが…

駐車場から数検の受検会場までの距離を間違えて、検定に遅刻しそうだった! なんてお話はどうでもイイですね…。m( _ _;)m (お恥ずかしい)

では今日もコメントありがとうございます。( ^^).
安藤商会
投稿日時: 2021/8/31 21:34  更新日時: 2021/8/31 21:34
長老
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 175
 RE: YouTubeチャンネルの登録者数が100人を越えました
'
こんにちは。

100人超え、おめでとうございます。

『ファインマン要約』も動画にするといいですね。

昔撮っていたような方法で、ホワイトボードに手書きした『受験し数検の問題』を解説する動画も面白いと思います。

『私が解けなかった問題』等のタイトルで、「この公式が思い出せなかった…」「こんな風に誤って考えてしまった…」「この式変形ができなかった…」など。

問題を解説している動画はたくさんありますが、「解けなかった」事をネタに動画をあげている人はほとんどいませんからね。

ある意味「恥を晒す」事になるのかもしれませんが、ネタとしては新鮮だと思います。

それに、本当の意味で多くの人の役に立つのは、教育系動画に溢れる偏差値自慢の『ドヤ顔樹解説』よりも、凡人の「失敗事例」の方だと思います。

『失敗学』で有名な『畑村洋太郎 先生』の講演を、以前に聴いた事がありますが、面白かったですね。

畑村洋太郎 著『直観でわかる微分積分』
https://www.iwanami.co.jp/smp/book/b263079.html

「こうやったら上手く行った」という偶然的な成功話よりも「こうやってみたら、こんな風になってしまい、上手くできなかった」という確実な失敗話の方が、第三者が同じ失敗を繰り返さないためにも大切でしょうね。

大袈裟に言えば『失敗談』は人類の財産とも言えます。文明が進化するためには、必ずや『失敗情報』を共有する必要がありますから。

…そうは言っても…まぁ…。

自分の上手くいかなかった体験を動画にして世に晒すなんて、なかなか勇気の要る事だと思いますが(汗)

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク