ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  ゴールに向かって  >  VDT (Visual Display Terminals) 症候群に成りかけてる?

時空 解 さんの日記

 
2023
3月 17
(金)
08:42
VDT (Visual Display Terminals) 症候群に成りかけてる?
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

ここ半年かな? …少なくとも3ヶ月くらい前からめまいがしています。
靴を履くときなど、以前ならばその場で片足で立ったまま、上げた足に靴を嵌められていました。
それがこの3ヶ月の間、身構えてからでないと、どうにもよろけます。

普通に歩いていてもなんだかバランスが取れなくて、左右によろけそうになるんです。
でも、まぁそれほど酷いものでもありませんから
「こりゃ脳梗塞の前兆か?」
なんてふざけ半分程度でいたんです。

でも3ヶ月…

そんなこんな状態のときに、昨日は $ e $ とか対数についての動画を数本視聴したんです。
そしたら今日の朝はずいぶんとめまいが酷くなりました。

それで思ったんですが "VDT (Visual Display Terminals) 症候群" なんじゃないかなぁ、とね。汗

若いころには一日8時間くらいはパソコンで作業をしていた私です。でもあのころは目も若くて元気だったからね。
最近は老眼も進んで、目が疲れにくくなっています。

きっと目を休めないといけないと思えました。

案の定、VDT (Visual Display Terminals) 症候群について調べてみて、目のストレッチをやったところちょっと改善しました。
まぁ気分かも知れませんけどね。
目のストレッチの方法

これからは目のストレッチを習慣化したほうがいいかな。( ^^;

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
( ブログのコメント欄は 2022-04-16 に閉鎖いたしました )
閲覧(94)
コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク