ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  関数電卓 fx-JP900 数学自然表示  >  fx-JP900 の価格も Amazon ではバラバラですね。-N に注意

時空 解 さんの日記

 
2020
12月 27
(日)
09:52
fx-JP900 の価格も Amazon ではバラバラですね。-N に注意
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

最近、関数電卓の fx-JP900 をよく使うので、使い古した感が出てくるのではないか (まだ大丈夫ですけどね) とちょっと心配をしています。
YouTube にこの関数電卓の動画も投稿していますから、使い古したようなもので撮影するのもどうかなぁと想っている次第です。

まぁ使い古し感があるほうが動画としては面白いのかもしれませんが…

とにかくもう1台、購入しようかとおもって今日のあさ Amazon で検索してみたところ、おっと!

いろいろな値段が付いていますね。

まぁ間違えて高い値段で購入はされないと思いますが、参考までに私が購入したのは下記のリンクのところです。
関数電卓で ベストラー1位 と表記されているものです。
カシオ 関数電卓 高精細・日本語表示 関数・機能700以上 fX-JP900-N

どうしてこんなに値段に差があるのかなぁ…そう考えだすと失敗してしまうかも知れません。

"fx-JP900" と "fx-JP900-N"

これ、たぶん違いはありません。
・商品名:fx-JP900
・型番 (商品コード):fx-JP900-N

と言うだけの話です。(Casioさんに問い合わせ中)

"-N" がなんとなく「国内向け製品かな?」なんて言うイメージを持つと、つい高値でも買ってしまいそうになるのは私だけかな…。

Casio公式オンラインショップでの fx-JP900-N の価格は \5,808円 です。
カシオ公式オンラインショップ fx-JP900-N

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(1251)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2020/12/28 23:43  更新日時: 2020/12/28 23:43
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2347
 RE: fx-JP900 の価格も Amazon ではバラバラですね。-N に注意
こんばんは、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

有益な情報をありがとうございます。来年から出費をメモする習慣でも始めましょうかね。

なかなかブログや YouTube で現在の勤め先の収入を超えるのは難しいでしょうね。やっぱり方向性としては会社から天引きされている税金の払い戻しになるかと思います。

屋号が「時空 解」になると言うのはどうでしようかね? …うーむ… 

まぁとにかく「個人事業主」と言うカテゴリーを作っても面白そうですね。
でもよくあるブログネタなので、今勤めている会社の給料を越える収入は望めないでしょうけどね。

では今日も有益な情報ありがとうございます。
ゲスト
投稿日時: 2020/12/28 19:31  更新日時: 2020/12/28 19:31
 RE: fx-JP900 の価格も Amazon ではバラバラですね。-N に注意
'
「相談できる友人」がいるのは、大変心強いですね。

個人事業の「開業日」は「事業届の提出日」とは異なりますので、たった今・現在から「お金に関する記録」を残す「癖・習慣」を付けておく必要があります。

つまり、時空解さんが仮に来年の秋に「開業届」を提出するとしても、「開業日」は、それより以前の日付を記入できますから、「届けを出してから…」という考えで動くのではなく、「届けを出す予定だから…」という心構えが必要です。

買い物したレシートや、各種銀行やカード引き落としハガキや封書も大切に保管して下さい。

確定申告は1月1日~12月31日までの1年間で作成しますので、例えば来年の秋に開業したとしても、開業日を「2021年1月1日」と記入すれば、元旦からの出費が経費として計上できます。

ですから、少なくとも来年の元旦からの出費は、全て記録を残す必要があります。

いくら開業日を「2021年1月1日」と記入しても、出費の記録が無い状態では経費として計上できませんからね。

そして、いわゆる「赤字」という概念ですが、勤め人の場合は職場の給与がありますから、その給与以上の出費が事業で出てしまうケースが「赤字」です。

ですから、サラリーマンの場合は「赤字」にはなりにくいと思いますから、あくまでも「個人事業の方が儲かっていないから、サラリーマンで会社から天引された税金を返して貰う」という形になるはずです。

一般的に問題になっているのは、「嘘の事業形態を報告して税金の還付を受けている」ケースです。やってもいないのに「自称スポーツジム・トレーナー」とか「自称インストラクター」とか言ってる人達です。

最近はネットでビジネスを行う「ブロガー」「Youtuber」が増えているので、税務署でも「自分の動画やサイトのページをコピーして見せてくれ」を言われる場合も在るようです。

職業として「ブロガー」「Youtuber」が認められるのかは知りませんが、知り合いのブロガーOLは「職業欄には著述業と記入して下さい」と言われたらしいです。
https://www.nta.go.jp/taxes/tetsuzuki/shinsei/annai/shinkoku/pdf/h28/05.pdf


たぶん時空解さんもブログの広告収入が事業収入となるから、職業欄は「著述業」でしょうね。

「屋号」は事業上の名前ですから、やはり「時空解」でしょうかね。

そして個人事業主の肩書は、社長ではありません。社長はあくまでも個人ではなく「法人」として会社を登記した場合です。ですから名刺などは「社長」ではなく「代表」です。

時空解 代表 〇〇△△(←時空解さんの本名)

まぁ…こんな事は私がココに書かなくても、いくらでもネット上に情報はありますよね(笑)

「会社員が「無税の人」になる合法的な方法」
https://news.livedoor.com/article/detail/15792914/

ブログ記事として「個人事業主」の記事も、今後新たなカテゴリーとして増設してもいいかもしれませんね。
時空 解
投稿日時: 2020/12/28 9:02  更新日時: 2020/12/28 9:02
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2347
 RE: fx-JP900 の価格も Amazon ではバラバラですね。-N に注意
おはようございます、安藤商会さん。

いつもコメントありがとうございます。いやはや、流石に個人経営をされている方ですね。今回のお話は目からウロコの感じです。
赤字をだすと所得税が戻ってくるなどの情報、知りませんでした。

それと、「以前から、コメントに書こうかどうか迷っていたのですが…。」と言うお気持ちも察しが付きました。なるほどぉ…本多弘樹さんの件、とても勉強になります。

いずれ個人事業主として収入を得る立場に成りたいと考えていました。ですので今回のコメントはとても参考に成った次第です。若い頃からろくに新聞も読むことのない私ですが、この手の情報は積極的に収集したほうが良さそうですね。

その上で、個人授業主としての申告を実施したいと思っています。それと相談できる友人にも心当たりがありますので、彼と連絡を取ってみたいと思う次第です。

では今日もコメントありがとうございます。
ゲスト
投稿日時: 2020/12/27 15:40  更新日時: 2020/12/27 15:40
 RE: fx-JP900 の価格も Amazon ではバラバラですね。-N に注意
'
こんにちは。

以前から、コメントに書こうかどうか迷っていたのですが…。

時空解さんは、税務署に「事業届」を出して「個人事業主」に成られてはどうでしょうか?

確か現在は「メガネ屋さん(?)」に勤務しているのですよね?

勤務先にどのような「社内規定」があるのかは私には分かりませんが、「副収入」を得ても大丈夫な就業環境でしたら、サラリーマンでも「個人事業主」になると「節税」で凄く恩恵が受けられます。

『サラリーマンも事業主になれば節税ができる』
https://uguisu.skr.jp/tax/fukugyo.html

よく勘違いしてみえる方が大勢いますが、「特に儲かっていないから、事業主などなる必要ない」という考えです。

サラリーマンなどが個人事業主になるのは、節税目的です。「副業が儲かっていないから赤字」という理由で、本業から天引きされている「税金」が取り戻せます。

だいたいが「副業」などそれほど儲かるものではありません。

儲かるならそれはもぅ「本業」ですし、確定申告なども税務署に「儲かってるんだから、やってくれっ!」と催促されるまでしません。

現在ではサラリーマンでも副業を認めている会社がたくさんあります。

派遣社員やアルバイト・パート、期間社員・契約社員などは、ほとんど「副業」は可能でしょう。

個人事業主になれば、「経費」が認められますから、今回のブログ記事に出てきた「関数電卓」なども「経費」として計上すればいいのです。

このブログにも広告が載っていますので、その収入の存在が「事業」として税務署に認められますから。

「事業届など出したら税金取られるから嫌だ…」という思いがあるかもしれませんが、実際にはイロイロなものを「経費」として計上しますから、実質的には「赤字」になります。

「確定申告」ではなく、正確には「還付申告」をして、本業で払った税金を取り戻します。

私の場合も、数検の受験費用や各種書籍類も経費として計上しています。名目は「スキルアップの為の諸会費」など、なんとでもできます。

ブログでの広告収入なら、家の電気代や通信費、パソコン類、記事を書く為に必要とした書籍や、外食した知人との食事代なども「取材費」や「会議費」として計上できます。

もちろんそのための移動手段となる、車のガソリン代や維持費も計上できます。

ブログを書いている部屋は「自宅兼事務所」になりますから、自宅の光熱費や固定資産税の一部も「按分」して計上できます。
https://www.sumoviva.jp/trend-tips/20180221_1508.html


税務署の申告も「10万円控除の青色申告」なら、ほとんど面倒な事はありません。白色申告とほどんど同じ手軽さです。
https://www.sumoviva.jp/trend-tips/20180214_1489.html

個人の申告なら、エクセルが使える人なら誰でもできます。

私の勧めで知人2名が過去に個人事業主として開業届を出しています。

その1名は女性ブロガーですね。本業はCADオペレーターです。

『粉雪の日々是、ドラマ』
http://konayuki-dorama.cocolog-nifty.com/

ネットなどで調べれば、情報はたくさんあります。

来年は、「個人事業主」として開業届けを出す事を検討してみてはどうでしょうか。

なお、今回のコメントは、現在 時空解さんが勤めている職場が「副業許可」している事を前提で書いております。

実際には、このブログに広告が貼ってあるのですから、すでに副業している状態ですが…。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク