ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  数学検定  >  確率とベクトルを一通り終えて…復習をしなければ意味がない

時空 解 さんの日記

 
2021
2月 24
(水)
17:35
確率とベクトルを一通り終えて…復習をしなければ意味がない
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。(夕方になってしまってすみません)

さて、今日の朝に「実用数学技能検定要点整理2級」の 7-2:ベクトルの図形 のところの練習問題を終えたところです。
練習問題は全部で8問。うち、1次検定で出題される問題としての 2 と 3 のみ解く事ができました。

解けたと言うと聞こえはいいですけどね。8問中、6問解けませんでした…。

いちおう、解答を見て「あ、なるほどこうやって解くんだ」と理解はしたものの…青チャート式数学の学習でつくづく思い知らされたのが

・復習の大切さ

です。うーむ01

解けなかった問題の解答をみて理解するだけでは、検定で点は取れません。

まぁ高校生の皆さんの中には
「一度理解したら、次は解ける」
と言う方も多いかも知れません。

高校時代の私もそう想っていたくちです。一度やって理解した問題は、その学期間内であれば大抵解けた記憶があります。中間テスト、期末テストでちゃんと点数が取れていた気がします。(授業中でのみ理解した問題に関する記憶情報ですけどね。高校時代は自主学習はしていませんでした)

でもね、今の私では「一度見た・理解した」だけでは身に付かないのです。

「第7章:ベクトルと図形」、そして「第8章の場合の数と確率」を通して学習してきました。
ここで復習を実施しないと、中途半端で終わりになります。今日の夜にでも、7、8章で解けなかった問題を再び解くことを実行してみようと想っています。

スイスイ解けて、復習がスムーズに進むと良いですけどね…うーむ、どうでしょう? 

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。
閲覧(933)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/2/25 23:36  更新日時: 2021/2/25 23:36
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: 確率とベクトルを一通り終えて…復習をしなければ意味がない
こんばんは、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

今回のコメントへのお返事は、今日のコメントにお返ししたご回答にて、代替えとさせて頂きますね。
いつもコメント、ありがとうございます。( ^^).
安藤商会
投稿日時: 2021/2/24 19:02  更新日時: 2021/2/24 19:02
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: 確率とベクトルを一通り終えて…復習をしなければ意味がない
'
こんにちは。

確かに復習は大事ですね。

しかし…「どのような方法で復習するのか?」。実際はこれが一番難しい問題だと思います(汗)

私も「準一級」を受ける事になりましたので、これは受験者に共通な深刻なテーマですよね。

復習ばかりに力を入れていては、学習が先に進まないのも事実ですし、同じ問題ばかり解いていても、試験本番の初見の出題に対応できません。

以前、よくネットで話題になっていた「実用数学検定要点整理」で永く学習されている方が投稿した、アマゾンのレビューコメントを下にそのまま転記してみます。

『これまでに準一級試験を4回受けてきました。
過去問もしていましたが、気がつけばこの問題集を7周してました。全問解けます。
けれど2次を合格できないし、平均点程度を抜けられません。
はっきり言います。
この問題集を全問解ける私に、数学検定準一級2次試験を通過する力はありません!!
この問題集では2次試験合格は不可能と判断しましたので、この問題集での勉強をやめ、別の問題集に手を出すつもりです。
ただ、私は思います。この問題集は数学検定協会出版の問題集です。
愚直に取り組んでも2次試験に合格できない問題集を出した数学検定協会は、一体何を考えているのでしょうか?』

この方の実力は不明ですし、どのような答案を提出しているのかも分かりません。

ひょっとしたら、「全問解ける」と謳っているのは、ただ単に同じ問題の解法と答えを「暗記」されているだけかもしれません。

その場合では、検定本番で出題される初見の問題には対応できないでしょう。

そこまででなくても、「2次検定は記述を重視する」という数検協会の採点基準を蔑ろにし、「立てた式と解答」のみしか記入していないという可能性もあります。

ただ…、私も現在発売されている数検のテキスト類は「内容が古く昨今の出題傾向に対応できていない」とは思いますね。

どちらにしても、同じテキスト問題が「全て解ける」のでしたら、そのテキストはもぅ「卒業」するのが自然でしょうね。

ですから、この方は2次検定が受からないのですから、「要点整理」よりも「記述式演習帳」に取り組んだ方が良いと思います。

数学検定が監修している「要点整理」も「記述式演習帳」も、時空解さんが普段の学習に使用している「青チャート」に比べればとても容量が少ないですから、「テキスト7週」も「問題全て解く」のも割と容易な事だと思われます。

あくまでも「青チャート」と比べればですが…。

ですから、このレビューコメントを読んだ難関大学を受験予定の学生の中には、

「…えぇっ!? たったあれだけの問題全部解くのに7週もかかったのぉ~。それじゃあ受かんないだろうねぇ(笑)」

と、思っている方がたくさんいるのかもしれません。

ですが、数検の2次検定は「記述の採点がとても厳しい」という事実がありますので、「問題が解ける」だけでは点数は貰えないのです。

やはり、その試験・検定に合わせた学習というのは大事だと思います。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク