ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  数学  >  三角関数の合成を理解するには、三角関数の加法定理の理解から…

時空 解 さんの日記

 
2021
5月 29
(土)
09:48
三角関数の合成を理解するには、三角関数の加法定理の理解から…
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

数学検定2級2次検定のための学習を進めているところで、三角関数の合成が出て来ました。
この三角関数の合成と言うのは物理学を学ぶ時にもとても重要になるものだと思っています。ですので、この機会に是非とも明確に理解をしようと思っています。

と言うことで、今日は下記のサイト (YouTube動画) を見付けて理解を少し深めたところです。

・【東大の有名問題】sin, cos の三角関数の加法定理の証明



この解説動画、直観的に証明のポイント おっ が分かり易くて素晴らしいです!

何と言ってもポイントは
円周上の点 $ A,~B $ が作る扇形の角度を一定に保てば $ A,~B $ は円周上のどこに有っても、$ AB $ の長さを変わらない。
と言う点でしょう。

この $ A,~B $ が作る扇形の角度を2つの和 $ \theta + \alpha $ にして、後はピタゴラスの定理さえ知っていれば証明ができます。

私に取っては $ A,~B $ の長さは変わらない、と言う点がイメージとしてとても理解し易かったですね。

さて、この YouTubeチャンネル の運営者の肩書にも目を見張りました。

「2014年日本物理オリンピック金賞」えっ!

早速調べてみると、こんな協会が有ったんですね。
全国物理コンテスト 物理チャレンジ

これはもしかしたら数学検定よりも、もっと私が挑むべきコンテスト・チャレンジなのかも知れません。
どんな活動をしているのか、今後見て行くことにしようと思います。

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(155)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/5/30 9:34  更新日時: 2021/5/30 9:41
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2258
 RE: 三角関数の合成を理解するには、三角関数の加法定理の理解から…
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

私がワイフワークにしている「実在の証明」のきっかけは、子供の頃に読んだマンガにありそうですね。

子供の頃、家には「なぜなぜ理科学習漫画 全12巻」がありました。
なかでもお気に入りなのが「ひらけいく宇宙」でしたね。

私はいわゆる「鍵っ子」でしたので小学校から家に帰って来て、独りでこの全12巻に目を通していた時期がありました。
おかげで物理学・理系的な考え方が出来るようになったと言えるのかも知れません。

そんな経緯が小学生の時にあったせいか、中学・高校と進むにつれ「勉強をやれ!」と言う圧力を感じるようになる年頃の時に想ったのが
「どうして勉強しなくちゃいけないの?」
と言う疑問です。

それと青春時代も同時に迎えますからね。

「どうして異性を好きになるのだろう?」
と言う疑問にも真剣に向かい合うようになりました。

そこから出て来たのが
「悩みや疑問を感じるのは脳の働き。この脳とはどこから来たのか?考えるって何?」
と言う流れなんですよね。
どうしてこんな流れになるのかと考えると…やっぱり「なぜなぜ理科学習漫画」の影響のような気もします。

この歳になって、実在の証明をする為には、まずはどこでも良いから大学に入学して先人の築き上げた知の遺産を学習する、と言う選択が出来れば良かったんですけどね。
進学したのはエレクトロニクス系の専門学校でした。まぁ家庭の事情と言えます。父を中学2年の時に亡くしています。

『SF小説や映画』は好きですね。でもライフワークには直接関係している作品はないですね。すみません。
また面白い作品・小説があったりブログでご紹介させて下さいね。

では今日もコメントありがとうございます。( ^^).
 
安藤商会
投稿日時: 2021/5/29 19:23  更新日時: 2021/5/29 19:23
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 75
 RE: 三角関数の合成を理解するには、三角関数の加法定理の理解から…
'
こんにちは。

『物理』にもイロイロな協会があるものですね。

『空想科学読本:柳田理科雄』のような書籍が永く売れ続けているくらいですから、『物理好き』な人は『数学好き』よりも多いのかもしれないですね。

よく考えてみると『SF』を題材とした小説や映画・漫画は、巷にたくさん存在しています。

少年時代にSFマニアだった人が成長し、そのまま『物理学』に関わった人も世界中にたくさんいるでしょうね。

やはり、時空解さんも『SF小説や映画』が好きなのでしょうか?

ライフワークとされている『実在の物理的証明』に影響を与える作品などがあったら、今後ブログで紹介されてもいいですね。

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク