ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  数学  >  あまりにも計算間違いが多いのは、子供の頃に獲得した暗算方法のせい。

時空 解 さんの日記

 
2021
6月 9
(水)
10:45
あまりにも計算間違いが多いのは、子供の頃に獲得した暗算方法のせい。
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

数学の学習をしていて、いつも気になっている計算間違い…。
私は良く2桁の足し算・引き算を間違えてしまいます。

暗算をする時はいつも子供の頃に獲得したであろう、筆算からのイメージを使って暗算しています。

まぁこの説明では、さて? 頭のなかでどうやって数字を足し引きしているのかは伝わるはずもありませんが…それはさておき。うーむ
今日の朝は、頭の中でそろばんを動かして暗算をしてみました。そろばんを思い浮かべて珠を動かしてみたんです。

例えば

$ 24 + 7 $
をやってみると、確かにちょっと違います。

筆算のイメージからくる暗算は、$ 4 $ と $ 7 $ を足して $ 1 $ 繰り上がるから10の位は $ 2 + 1 $ で $ 3 $。

だから答えは $ 3… $ 
あれっ? 汗

これだと1の位が何だったかを忘れてしまう時があります。今の場合だったら $ 1 $ ですけどね。

そろばんだと、1の位から $ 3 $ を払って、10の位に $ 1 $ を加える…。確かに頭の中のそろばんは $ 31 $ を示しています。うーむ01

頭の中のそろばんが消えないようになればこっちの方がやっぱり間違える確率は低いかな?
そんな事を考えながら数学の問題を解いていました。

そんな時に、下記の暗算をしなくてはならない問題に出くわしました。

$ \left| 6 - 4 -5 \right| $ えっ!

うーむ、絶対値記号はともかく、計算して行くと答えがマイナスになる暗算です。
これってそろばんではどうやるんでしょう? うーむ

私、実は忘れていたのですが調べてみたら子供の頃にやったことを想い出しました。
そろばんで答えがマイナスになる計算 ("補数の計算" と呼びようです) は下記の動画で確認できます。

・珠算2級の補数の解説(2)



この動画を観て再認識したのですが、私が行っている「答えがマイナスになる場合の暗算方法」はやっぱり変ですね…。

…そう言えば子供の頃に
「そろばんって面倒だな。やってられるか!俺の暗算方法の方が良い!」
と想ったことを想い出します。

私は答えがマイナスになる時の暗算は、マイナスの値をプラスに、プラスの値をマイナスに見て、計算をした後に答えのプラスマイナスを反対にしています。

これっていかがでしょうかね? 実はこの暗算方法、2、3個の1ケタ数字を暗算する時ならともかく、複数の数字を暗算する時には出来なくなります。最終的に答えがマイナスなのかプラスなのか見通せないと出来ませんからね。
ですからこんな時には、私は数回にわたって暗算を分けて行っていたのです。(初めて明確に自覚した次第です…お恥ずかしい)

うーむ…

数日後に数学検定の2級2次検定が待っています。

まぁ数学検定の受検は子供の頃から獲得してきた暗算方法を使うしかありません。
それに2級2次は電卓使用可ですからね。大事を図って電卓で検算することを忘れないようにすればいいのですが…

今後、暗算をする時にはどうしたら良いのか迷っちゃいますね…本当に高校生の時に、今のように数学の学習に励めば良かったと後悔するばかりです。_| ̄|○

では今日も休日を始めています。休日の充実こそ、人生の充実です。
閲覧(81)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/6/10 9:00  更新日時: 2021/6/10 9:00
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2258
 RE: あまりにも計算間違いが多いのは、子供の頃に獲得した暗算方法のせい。
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

安藤商会さん曰く「このブログの読者なら、多少は理解していただけるかもしれませんが…。」
とありますが、私と同じ想いだと思いますよ。
「なるほど、暗算も数学のうち」

とても参考になるコメントです。ちょっと感激的でもありますよ。( ^^).

九九を超えて「11~19までの掛け算の暗算」「二桁の2乗値の暗記」「√2~√10までの近似値の暗記」「常用対数2~9の近似値の暗記」に対する印象は、一般のイメージとしては確かに「今の時代、検索すれば済むはずだ」と言うがメジャーかも知れません。

でも、以前ブログ記事に書いたこともあるように、オイラーは二けたの数値の6乗の値を記憶していたそうです。
それにここのブログに辿り着く検索文字列の中に「トラハテンベルク」と言うものもあります。

マスペディア 031, 032 トラハテンベルク - Trachtenberg-System -

数学を志す方達はみな、暗算をよりよく行うための努力もされているようですね。
安藤商会さんの今回のコメントには刺激を受けることでしょう。

私も受けました。

では今日もコメントありがとうございます。いつも刺激になっています。( ^^).
安藤商会
投稿日時: 2021/6/9 14:46  更新日時: 2021/6/9 14:46
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 75
 RE: あまりにも計算間違いが多いのは、子供の頃に獲得した暗算方法のせい。
'
こんにちは。

そう言えば…毎日の習慣で「そろばんの練習」というのが以前ありましたよね。

いつの間にか無くなっていますね。今日気が付きました。

大人になってからの「そろばん」は難しいのでは無いでしょうか?

暗算の訓練で簡単な物を、少し前にラジオで認知症の学者さんが話しておりました。

「100から7を順に引いていく」というだけのものですけどね。

「100→93→86→79→72→65→58→51→44→37→30→23→16→9→2」

結果的に「2」になります。

この『100から7を次々に引いていくと最後に2になる』という事だけを覚えます。

当然、反対に2に7を次々に足していくと最後に100になります。

注意する事は、暗算の訓練をするのですから、算数・数学的な計算を使い、

「100から7をドンドン引くのだから100÷7=14余り2だ」とか「先に7×10=70を2に足して72から始めよう」などと「インチキ」をしては意味がありません。

100からではなく101とか102からスタートしても「100から始めれば2になる」だけ覚えていれば、「101→3 102→4」はすぐに分かります。

もちろん「正確」で「速い」ほど良いのは言うまでもありません。

道具も必要なく場所も選びませんので、時空解さんも思い出した時にやってみてはどうでしょうか(笑)

私自身も計算(暗算含)は苦手なので、普段の計算は電卓を使っております。

ですが、数学検定の1次試験では電卓は使えませんよね(泣)

ですから、計算を少しでも楽に速くこなす為、普段から訓練している事があります。

それは「11~19までの掛け算の暗算」「二桁の2乗値の暗記」「√2~√10までの近似値の暗記「常用対数2~9の近似値の暗記」です。

「11~19までの掛け算の暗算」は、工夫すれば意外とすぐにできるようになりますね。
https://www.happy-clover-ojuken.jp/fs/happyclover/19x19

他の物はエクセルで表にして、気が向いたら眺めておりますが…。

数検2級の受験を始めた頃からやっていますが、なかなか全てを覚えているのは大変です。いつも所々抜け落ちています(泣)

「誰もが自分用のスマホやタブレットを所有している時代に、数値の暗記などという行為に一体何の意味があるのか?検索すれば済む事に労力を使うなど馬鹿げている。」

という意見が世間では大多数でしょうから、今まで人に話した事は無いです。

このブログの読者なら、多少は理解していだけるかもしれませんが…。

計算方法には「インド式計算法」とか「砂川式パイナ算」とか、参考になるものはいくつもありますね。

「砂川式パイナ算」の本は、私も以前所有しておりました。
http://www.ichiryusha.com/book/index.php?main_page=product_info&products_id=121

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
«前の月次の月»
12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク