ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  数学検定  >  fx-JP900 を持参してよかった。計算能力は数学者のロードワーク?

時空 解 さんの日記

 
2021
6月 13
(日)
08:40
fx-JP900 を持参してよかった。計算能力は数学者のロードワーク?
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

昨日予定通りに数検の「提携会場受検」を利用して2級2次を受けてまいりました。

朝の 9:00 丁度に家を車で出て、会場のすぐそばの駐車場に 10:30 に到着です。
入室可能時刻は 11:15 でしたので、近くの公園で時間をつぶしていました。

40分ほどのんびりとしてから提携会場 (塾) に入室したのですが…ちょっと驚きましたね  おっ 
(と言うかなんだかホッしたと言いますか…)

受検の進行をされるであろう方 (以後進行員さん) が、とても愛想が良かったです。その塾を経営されている方なのではないかと想えるほどでしたね。

案内されるまま席に座ると
「はるばる遠いところからようこそおいで下さいました」
と、声を掛けて頂いた次第です。

まぁこれは 受検証の住所 を見られてのお言葉です。
そして
「私も豊川のすぐ近くの出身地なんですよ」
と笑顔を頂きました。

まぁここまではそれほど驚くことでもありませんが、続きがあるんです。うーむ
「またどうして数学検定の受検を?」
と、そんなご質問を頂いたんです。

うーむ…これには迷いましたね。
まさか "実在の証明をするためです" なんて言ったら一気にドン引きされますからね。汗

「日々ぼんやりと過ごすよりは、勉強をしていた方がいいと思いますので」
と応えておいた次第です。
その後も2、3お言葉を頂いたのですが、気に利いた応答は出来なかった私です。ちょっと後悔しております。

こちらこそ良い気持ちで受検することが出来ました。声かけをして頂きありがとうございました。m( _ _ )m

今回の提携会場受検の場所は「明光義塾 乙川教室」と言うところでした。



さて、検定の出来栄えの方ですが…
やっぱり電卓を持参して良かったですね。こんにちは

2つの問題で威力を発揮してくれました。計算を焦ることなくチョチョチョと答を出すことが出来ました。これが時間的にも精神的にも大きかったですね。
四則演算の電卓ではなく fx-JP900 (数学自然表示関数電卓) だからこそ良かったです。

一つ目は、必須問題2つのうちの一つ (問7) 。定積分の問題です。式が立てられれば、後は fx-JP900 のキーを押すだけですからね。
出て来た答えは分数値だったんですが、手計算でやった結果がこれなら
「計算間違いかな?」
と言う不安が残ります。問題を解くのに10分くらいは余計に時間が取られたでしょう。

2つ目は、選択問題の中に有った1次不定方程式の問題ですね。
不定方程式の1組の $ (x,y) $ の組を見つけるためには単純な四則演算をしながら試行錯誤するわけですが、これに fx-JP900 のソルブ機能が威力を発揮してくれました。

やっぱり単純な計算能力・暗算能力は大切ですね。うーむ01
fx-JP900 で行った計算を、苦も無く自分で出来る計算力があれば、精神的な安定を持って数学の試験に臨めると言うものです。

手元には fx-JP900 がある訳ですが、いざと言う時に
「頭の中で計算できる / 出来ない」
とでは大違いだと言うことです。

日々の生活・仕事の中で出くわす問題に対して、数学的な解法を持って解決をする気に成るか否か?
その違いは、もしかしたら単純な四則演算能力にあるのかも知れません。

例えば $ 12s \cdot (1000 \div 7) $ をやれば作業が何分後に終わるのかが分かるのに、目の前の fx-JP900 を手に取って計算する人は何人いるでしょうかね?
案外暗算できる人のみが手に取って確認の検算をするのが現実なのではないでしょうか?

計算出来ない人はきっと
「まぁいつもよりちょっと長くなるんじゃない」
と言ったノリで仕事をダラダラと始めることが多い気がします…。

計算能力は、例えばボクサーが毎日ロードワークを欠かさないように、数学に取っては基礎体力のような物だと実感してきた1日でした。

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。
閲覧(261)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/6/14 9:27  更新日時: 2021/6/14 9:27
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: fx-JP900 を持参してよかった。計算能力は数学者のロードワーク?
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

なるほど「要点整理 準1級」の内容は検定対策には不向きなようですね。やっぱり「記述式演習帳 準1級」を購入しないとダメかな。

うーむ…とにかく作戦を考えないといけませんね。

おっと!   でも2級2次の合否が分かっていない私でしたよね…。
今はモヤモヤとした気分ですが… 

ともかく準1級の学習を進めるためにどうしようか、ちょっと考えてみました。
そしたら数学検定協会のサイトに下記のページがありました。

数学検定準1級1次過去問題解説講座

でも、この動画で解説されている過去問も新しい問題とはいえない気がします。確認できたところでは 第285回検定 で出題された問題の解説を動画で行っているものがありました。
有料ですし、90日間の学習期間を想定してありますしね。

やっぱり個人的には青チャート式数学の例題を通して学習しつつ、「要点整理 準1級」をやってゆく形になるかなぁ…
まぁ、まだまだ気の早い話ですが…。( ^^;

では今日もコメント・ご感想ありがとうございます。
 
安藤商会
投稿日時: 2021/6/14 0:14  更新日時: 2021/6/14 0:14
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: fx-JP900 を持参してよかった。計算能力は数学者のロードワーク?
'
『要点整理準1級』は、検定対策には使えないと思います。

もぅ古すぎて、最近の出題傾向に対応できていないのではないでしょうか?

どのようなテキストで学習すれば良いのか?実は教材に困っています。

とりあえず今は『入手できる過去問を解きまくり、解法パターンを覚える』という『暗記数学』で乗り切ろうと考えています。

『質より量』という、時空解さんとは真逆な学習スタイルになりそうです。

『習うより慣れろ』という言葉は、数学のような深い理解が伴う学問には不向きなのは分かっております。

それに、そのよう学習方法では検定本番の初見の出題には、とても対処できない事も承知しております。

ですが、今は一次検定で『1点』しか取れない状態ですからね(泣)

二項定理を使った、展開後の係数を求める問題だけ正解でき、あとは全てダメでした。

2級と同じ範囲からの『数列』や『ベクトル』の出題もダメだったので、かなりショックでした(泣)

やはり、2級の学習が足りていないのを実感しました。

心配していた『行列』からの出場は、どちらの検定でも出題されませんでしたので、今後はあまり学習しないつもりです。

『行列』は教材もありませんしね。
時空 解
投稿日時: 2021/6/13 23:12  更新日時: 2021/6/13 23:12
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: fx-JP900 を持参してよかった。計算能力は数学者のロードワーク?
今晩は、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

あはは、確かに今回は手応えはありましたが、「提携会場受検」の難点は、問題用紙の持ち帰りが出来ないことです。
自己採点がし難いんです。( ^^;

今回は fx-JP900 のおかげもあってテスト時間残り5分の余裕が持てました。(もちろん分からない問題はスッパリと諦めて、時間を掛けていません)
その5分間を使ってそれなりに答えた回答の個数を数えて計算したところ、
2.2点~3.2点
と言ったところなんですよね。

危ういのは確率の問題です。必須問題である問題6が確率の問題でした。
これが合っているか否かです。それに定積分の問題の記述にも、もしかしたら不足なところがあるやもしれませんよね。定積分の式を立てて、直ぐに答えを記述していますから…。

それと、今回の2級2次を受けていて浮かんだ想いと言うのは
ここで合格したとしても…"
言う想いです。

まぁ確かにそんなことを想ったのですから手応えは有ったんですが、( ^^;
でも
「ここで合格しても、準1級の基礎は2級2次と同じようなものだしなぁ…」
と言うのも事実ですよね。

合格だったとしても、次回の数学検定から使うテキストが
「実用数学技能検定_要点整理_Pre1」
に変わるだけで、やっぱり解けない問題を理解するための学習は今まで同じだなぁ…なんて想いがありました。

あ、そう言えば! 

「実用数学技能検定_要点整理_Pre1」には確率の章とか節がないのですが、以前受検した準1級の2次検定では選択問題で一つ、必須問題で一つ。実に7問中2問が確率論がらみの問題だったんですよ。

準1級は範囲も広がってマスマス嫌ですよね。

いや、もとい!

やりがいがありますかね? ( ^^;

では今日もコメントありがとうございます。
ではでは。

 
安藤商会
投稿日時: 2021/6/13 9:43  更新日時: 2021/6/13 9:43
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: fx-JP900 を持参してよかった。計算能力は数学者のロードワーク?
'
こんにちは。

今回は『手応え大あり』みたいですねっ!

webでの合格発表は少し先ですが、次の『準1級』への準備もできますね。

数検では関数電卓は、すでに必須アイテムですよ。

検算以外にも、加法定理を使わなくても有名角から生まれる『75度』などの角度の正余弦値が分かりますしね。

ですが‥。

関数電卓のみで答が算出できる出題では、記述の採点が厳しくなる傾向がある気がします。

前回の準1級の必須問題で、(1)べき乗数の桁数(2)その上位2桁の数を答える対数の問題がありました。

関数電卓の機能で答はすぐ分かったのですが、その問題の採点は『0点』でした。

模範解答を見ると、確かに回答した数値自体はどちらも合ってましたが『0点』。

桁数だけ答えるなら、2級で何度も出題されましたので、まさか『0点』にされるなんて納得行きませんが‥(怒)

結果的に2次検定自体が『0点』でした。

準1級の記述は、2級よりさらに厳く採点されるみたいですね。

そして、1次検定も散々な結果でした。『1点』ですから(泣)

今まで受験した数検で、最低点を記録しました。

ですから、不合格は検定終了時に分かっていました。

検定日の帰宅後、

「今回の結果が、1次・2次どちらも0点だったら、数検はもぅやめよう」

と思っていましたが、それは何とか免れたので再受験を考えています。

さして、今現在このようにコメントさせて頂いているのも『0点ではなく1点』だったからですね(笑)

いっそのこと、どちらも『0点で不合格』なら諦めもついたでしょうが‥。

その程度の実力ですから、現時点では『準1級合格』など夢のような話です。

かなりの長期戦を覚悟しております。

時空解さん。私より先に準1級に受かって下さいねっ!

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク