ページのトップにスクロール

Home  >  ブログ  >  時空 解  >  物理  >  原子核と粒子…原子核内の物理学は今でも調査中

時空 解 さんの日記

 
2021
7月 21
(水)
09:48
原子核と粒子…原子核内の物理学は今でも調査中
本文
皆さんこんにちは、時空 解です。

昨日はちょっと夜更かしをしてしまいました。そのせいで今日は朝からちょっと眠いです。
若い頃は夜中の1時を過ぎても、次の日なんともなかったのですが…いまではシャキッとしません。

今日も朝からファインマン物理学「2-4 原子核と粒子」を読んでいました。
いつもならそれなりに「箇条書き整理」を進められたと思いますが、今日は読むだけになっています…。_| ̄|○

原子核内に対する当時の物理学の最先端の内容が書かれているところで、とても面白いところですけどね。
内容は、また次回に整理するとして、新しい「ファインマン物理学」ではこの節は書き直されているのでしょうか?
その点が気になりました。

私の手元にある「ファインマン物理学」は古いものですから…。

明日にてもちょっと図書館に行って、新しい「ファインマン物理学」の中身を覗いてみようと思っています。

ちなみに、原子核内の研究所としては下記が日本では一番有名なところだと思います。…まぁみなさんご存知ですよね。
素粒子原子核研究所 (KEK)

では今日も1日の習慣を始めてます。小さな一歩・挑戦を試みています。

【今日の記事を評価して頂けましたら、下記をクリックしてね。Amazon サイトで関連書籍が見れます (アフィリエイトにご協力をお願いします) 】
   ♪ - クリックのみでも充分に嬉しいです - ♪
       ------------------------------    
閲覧(32)
カテゴリー
投稿者 スレッド
時空 解
投稿日時: 2021/7/22 9:53  更新日時: 2021/7/22 9:53
管理人
登録日: 2015/6/21
居住地:
投稿数: 2344
 RE: 原子核と粒子…原子核内の物理学は今でも調査中
おはようございます、安藤商会さん。いつもコメントありがとうございます。

実は… ( ^^;

「一次不定方程式」の一組の解を求めるのに、実はいままで fx-JP900 のソルブ機能による求め方しか出来なかった私です。

お恥ずかしい…。_| ̄|○

まずは「裏技」と言うタイトルを付けて YouTubeチャンネル にアップする件ですが、確かにそうですね。

でも一昨日までは個人的に「表技」だった訳で… そこまでの配慮に考えが及ぶ訳もない、といったところです。

いやはや、YouTubeチャンネル で注目を集めるタイトルを付けるためにも、数学力を必要ですね。



今日の朝、安藤商会さんのおっしゃる通り「機械的な計算」をやってみました。

出来ました。

…実は、いままで実際に互除法による筆算を試みなかったんですよね。
「面倒だなぁこりゃ…」
と、訓練もせずに「エレガント」な「合同式の利用」のほうにばかり気持ちがイッちゃってたんです。

青チャート式数学Aの「合同式の利用」を眺めてエレガントな気持ちに浸るのみの私…うーむ、こんな姿勢だからダメなんだ。 ( x x;

エレガントになるためには、エレファントな訓練の積み重ね。なんだか自分は本気で数学力を身に付けたいのか疑問になった朝でした。

とにかく互除法の筆算の訓練をする機会をありがとうございます。有難いやら、恥ずかしいやらです…。

では、こんな私のブログにいつもコメントをありがとうございます。助かってます。 ( ^^).
安藤商会
投稿日時: 2021/7/21 19:14  更新日時: 2021/7/21 19:14
一人前
登録日: 2021/2/15
居住地:
投稿数: 124
 RE: 原子核と粒子…原子核内の物理学は今でも調査中
'
こんにちは。

夜更しして更新された動画、拝見しました。

関数電卓の機能を使って、『不定方程式の1組の解』を求める『裏技ですね』(笑)

オモシロイと思います。

せっかくですから、題名を『関数電卓裏技…』などと付けてほしいですね。視聴数が上がると思います。

『大きな桁の約分』や『対数で桁数を求める』出題にも、関数電卓を上手く使えば対応できますから、これらも『裏技』として紹介していただきたいですね。

同じ内容の動画でも『タイトル』の付け方で、視聴数は変わって来るのではないでしょうか?

さて、昨日に続き『不定方程式』の話題ですが、時空解さんが「難しい…」と感じているのは『合同式』を使った解の見つけ方の事ですよね?

確かに、面倒で時間も紙面も消費する『互除法』よりも、『合同式』を使う方が「解法として洗練されている」とは思いますね。

『互除法』は計算が面倒ですよね(汗)何度も式変形を繰り返さないといけないので、時間も掛かり紙のスペースも必要です。

ですが、やる事は「機械的な計算」のみですから「手間と時間と紙面を惜しまねば」誰でもできます。

まさかですが…。

時空解さんが『互除法』を使った方法ができないようでしたら、単なる『経験不足』なだけですから、同じ種類の問題を繰り返し解いて『練習』するしかないでしょうね。

このあたりは『計算訓練的』な話ですから『数学的理解』とは関係無いと思います。

『係数下げ』は『互除法の応用』ですから、もちろん『互除法』が使える方は知っておいた方が良いのでしょうね。

もちろん『合同式』を使った方法は、私もできません(汗)

このあたりは、いわゆる『エレガントな解法』ですよね。

ちなみに『エレガントな解法』に対して、泥臭い力技的な解法を『エレファントな解法』と呼ぶらしいですよ(笑)

コメントを書く
コメントを書くにはログインが必要です。
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:



日記投稿者リスト
カレンダー
月表示
カテゴリー
にほんブログ村リンク